スタッフ日記

作年の春から新型コロナウィルスが騒がれ始め、

感染が徐々に拡大、オリンピックが中止となり、

現在は第3波が収まらず、

感染者が増え続けています。

最近では鹿屋市でもクラスターが発生したことから、

当院でも新型コロナウィルス対策を少しずつアップデートしています。

IMG_6453

昨年初めの頃の当院の受け付け。

まず最初に行ったのは、去年の4月。

45 ℓ 透明ゴミ袋を切り開き、

受け付けに貼り付けました。

IMG_6452

千葉で開業している大学時代の後輩が、

ワッポンで貼り付ける方法を教えてくれました。

IMG_6455

粘着力の高いテープのような感じで、

壁に穴や傷をつけることなく貼り付けられる便利な商品。

IMG_6454

また、受け付け時にお名前と車のナンバーを記入して頂き、

車内待機をお願いすることとしました。

5月には、病院玄関ドアに注意事項の貼り付けと、

IMG_6576

風除室にアルコール自動ディスペンサーの設置。

IMG_6577

IMG_6578

株式会社キングジムさんのTette (テッテ)を採用。

自動なので手の平をかざせばアルコールが噴出されるのですが、

手動と勘違いされて上部を押してしまう方が多かったようです。

購入時は品薄で、やっと入手できましたが、

現在はネットで購入可能のようです。

7月にはフードコートで良く見かける、

コールシステムを導入。

ワンタッチコールの受信機、充電器、送信機です。

IMG_6845

車内待機している皆様をスタッフが探しに行くことがなくなり、

待ち時間の短縮に役立っています。

IMG_6848

回収した受信機は毎回消毒を行う為、

ビニール袋に入れ、

開封されないようにホッチキスで止めてありますので、

どうか開封しないよう、宜しくお願い致します。

当院駐車場であれば十分受信可能な距離ですが、

あまりにも遠くに離れてしまうと受信できなくなるので、

これを持っているからといって、

車で移動することはご遠慮下さい。

夏を迎えて9月になり、

当初は暖かくなるとウィルスは自然と弱まるだろう、

と言われていましたが、

予想に反して終息の兆しが見えず、

時間経過とともにビニール袋がヨレヨレになってきていたため、

より強度の強いテーブル用のビニールクロスに変え、

さらに窓付きクリアパーテーションを追加しました。

IMG_7240

ビニール袋からビニールクロスに変更したことで、

めくり上げて話をしようとする方が激減しました。

ビニール袋よりもビニールクロスの方が透明度が高く、

視認性が良くなったからかもしれません。

しかし、厚みと重さが増したため、

ワッポンで止めることができず、

画鋲を使用して固定しました。

最後に、12月に導入したのが、

非接触型の体温測定機、dotcube (ドットキューブ)です。

IMG_7569

埼玉で開業している先輩が導入したと教えてくれ、

これは良いとすぐに発注しました。

前々から手持ち式の非接触型体温計を導入しようと思っていたのですが、

院内のスタッフが限られているため、

受け付けにスタッフが常駐できていないことと、

受け付けにビニールクロス、パーテーションを設置したため、

来院者の額に手持ち式の非接触型体温計をかざすことが難しく、

体温測定は諦めていたのですが、

この製品を見て、これならいける!

と食いつきました。

IMG_7602

来院者から見るとこんな感じ。

IMG_7601 

 受け付け内にいるスタッフからはこのように見えます。

お互いに表示された体温を確認することができます。

「器械に触れないように手首をかざしてください。」

とお伝えするのですが、

たまに器械に手首をベタッと触れてしまう方がいます。

どうか接触しないようにお願い致します。

これで体温を測ると、

「すごーい!」と喜んでくれる方が多く、

導入して良かったと思います。

外気に晒されている手首での測定なので、

脇の下で計る体温よりも低めに表示されるようです。

海外ではワクチン接種が始まっているとはいえ、

日本ではまだ先になりそうであることから、

しばらくは感染予防に気をつけなければなりません。

マスクの有用性が証明されてきたことから、

来院される皆様と、当院スタッフのマスク着用、

そして手指消毒の徹底を行うこと、

車内待機を活用して待合室での待機人数を減らし、

三密にならないように留意します。

診察室はどうしても脱走防止のために

密室にせざるを得ないのですが、

できる限り換気と消毒を行うことで対応致します。

どうか皆様方のご理解とご協力のほど、

宜しくお願い致します。 

少しでも早く終息してくれることを心から願うばかりです。

新年のご挨拶を申し上げます。

IMG_7671

元旦もこれまでの毎日と同じく、

朝のお世話からスタートしました。

お世話が終わってから当院の近所で

初日の出ポイントに向かったのですが、

すでに登って雲に隠れかけていました。

もうちょっと早ければバッチリご来光が見られたのに。

残念。

IMG_7663

門松は例年通り、前原造園土木様によるもの。

IMG_7674

 

今年も格好良いです。

昨年は新型コロナウィルス感染症に振り回された年でした。

年が明けてもまだまだ状況は厳しく、

鹿屋市でもクラスターが発生するなど、

予断を許さない現状となっています。

今年は平穏な年になってほしいと心から願います。

本年もスタッフ一同、獣医療に邁進する所存ですので、

何卒、宜しくお願い致します。 

今年の4月、笠之原にオープンした、

JA鹿児島きもつきが運営する、

農畜産物直売所のどっ菜市場。

IMG_7387

5月末に初来店。

広い店内に野菜、肉、鮮魚が並べられています。

IMG_6589

直売所というだけあって、

どれも新鮮でありながらもその安さにビックリ!

面白いなと思ったのが、

お米の量り売り。

IMG_6590

色々な産地や銘柄のお米が並んでいて、

食べ比べしてみたいなと思いました。

入り口横のピザ屋さんも美味しいと聞きました。

農家レストラン「彩食豊美」も併設し、

ランチとディナーも頂けるそうです。

10月にここの近くを車で通った時に、

すぐ近くにコスモスが綺麗に咲いているのを見かけました。

ちょっと寄ってみようと、

店内には入らず、駐車場からコスモス畑に歩いていくと、

どうやら農機具の展示即売を行っていたようです。

IMG_7388

農業の盛んな鹿屋なので、

トラクターを目にすることはよくありますし、

公道を走っているのも見かけますが(笑)、

前々から、カッコイイ顔つきのトラクターがあるなと思っていました。

IMG_7389

Kubota MR1050HOMAXMUR2-SP

フロントマスクがカッコイイ。

お値段、1,000万円以上!

IMG_7390

トラクターがカッコイイと思ったきっかけの一台、

YANMAR YT498A,YUQR8。

これも1,000万円以上!

IMG_7391

ISEKI ウエイト

300万円弱で、ぐっとお手頃価格?

IMG_7393

メーカー、名前を見忘れましたが、

これも個性的な顔。

 どれもハリウッド映画の「トランスフォーマー」に出てきそう!

と思えるほど、デザインが秀逸。

今までは遠目に見ることしかできませんでしたが、

近くで見ることができて満足です。

さて、お目当のコスモス畑へ。

IMG_7400

正確な面積はわかりませんが、

野球やサッカーができそうなほどの敷地に一面のコスモス!

鹿屋市のコスモス畑としては最大面積なのでは?

中を歩いている方々もいらっしゃいました。

IMG_7398

たまに混ざっているヒマワリの黄色も、

色のアクセントになっています。 

IMG_7397  

色鮮やかなコスモス。

いつまで観ることができるのでしょうか?

暖かい日が続いているので、

今月いっぱいは楽しめるのかな?

 

どっ菜市場

鹿屋市笠之原町7517-1

0994-36-8899

定休日;第3水曜日、年始(1/1〜1/3)

「お父さん、ドラえもんの映画が見たい!」

と子供達にせがまれ、

ちょうど割引券があったこともあり、

リナシティかのや内のリナシアターへ出向きました。

当院休診日の木曜日の午後4時から上映の回に間に合うよう、

保育園の次女を迎えに行き、

小学校から下校途中の長女をナイスタイミングでピックアップし、

15:40にはリナシアターに到着。

IMG_7243

私は今回初めてのリナシアターでの映画鑑賞。

IMG_7244

私も子供の頃にドラえもんの映画を見た記憶があります。

映画館で見たことがあったかな?

映画館で観た作品で鮮明に覚えているのは、

スタジオジブリ、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」。

序盤の、腐海から王蟲がドカーン!

と出てくる場面で度肝を抜かれたことが、

映画は映画館で観るべきだ!と思うようになり、

映画好きになった原点です。

なんていう映画館だったっけ?

と思って調べてみたところ、

鹿屋市本町にあった鹿屋テアトル文化さんでした。

1962年以前に開館、1992年2月に閉館。

現在のコダマ時計店さんのお隣、小野弓具店さんの向かい側。

鹿児島県内では鹿児島市以外にあった唯一の映画館だったとのこと。

(2000年8月に奄美市にシネマパニックが開館)

リナシアターは2007年4月に開館。 

IMG_7245

 座席数は68席。

観客はうちの家族4名と、

お母さんと男の子連れの2組。

16時から上映開始。

声優陣がすっかり変わってしまったなぁと実感。

タケコプター、どこでもドア、ビッグライトなど、

懐かしい秘密道具は健在。

私が一番印象に残っているのが、

映画第4作の、ドラえもん のび太の海底鬼岩城で出てきた、

テントのような道具。

その中に電子レンジのような装置があり、

ボタンを押すと海底のプランクトンを材料にして、

自分の注文通りの料理が出てくるというもの。

今回のドラえもん のび太の新恐竜でも、

気球型のホテルのような道具が出てきて、

これこれ!こういうやつ!

と懐かしく思ったのでした。

ゆか先生は大好きなMr.Childrenが主題歌を唄っているので、

それでご満悦だったはず。

挫折、克服、勇気、友情、冒険。

年月が経っても、根底のテーマは変わってないなぁと、

ドラえもんというコンテンツの偉大さを改めて実感しました。

鑑賞後に思ったのは、2時間この座席は腰が痛くてツラい。

もうちょっと快適な座面ならまた利用したいけどなぁ。

新型コロナの影響で様々な職種が苦境となっていますが、

映画業界も同様のようで、

アメリカではハリウッド大作は軒並み公開延期となったため、

映画館側が感染対策を行っているにも関わらず、

話題作が上映されていないために来客数が伸び悩んでいるとか。

日本では「鬼滅の刃 無限列車編」が大ヒットとなり、

映画館側としては久しぶりに活気を取り戻し、

救世主となっているようです。

うちの子供達は怖いから見ないとのことなので、

リナシアターへの再訪はまたしばらく先になりそうです。

川西町のパチンコ屋さんの敷地の一角にある、

横浜家系ラーメンの天命天来さん。

IMG_6104

ついに、ついに来ました!

鹿屋に本格的な家系ラーメン!

大学、就職とも神奈川県で10年間過ごしたので、

家系ラーメンはとても身近でした。

醤油トンコツに太麺、

扇状に盛り付けされた海苔、

ほうれん草とうずらの卵のトッピング、

自分好みにカスタマイズできる自由度の高さ。

鹿児島の昔ながらのラーメンはさっぱりトンコツなので、

こいごいとしたラーメンが食べたかった!

 IMG_6105

券売機にてまずは食券を購入。

初めての方はどれにしようか悩むかもしれません。

IMG_6117

カウンター席×6名くらいと4人テーブル席×3。

店員さんが食券を回収に来るので、

その際に自分の好みを伝えます。

IMG_6146

初めての時には全て普通にして、

次回から変えてみるのがオススメ。

店内を見渡すと、

IMG_6110

そう!そうなんです!

家系ラーメンにはライスが合うんです!

IMG_6107

ライスのカスタマイズ方法も店内に貼ってありました。

ここまで分かりやすく、親切に貼ってくれているお店は

今までなかったと思います。

IMG_6106

テーブルにはおろし生姜、ニンニク、

コショウ、ラー油、お酢、豆板醤などの調味料があり、

ますますカスタマイズの幅が広がります。

IMG_6111

こちらが普通のラーメン。

普通でも太麺なのでかなりボリュームがあります。

IMG_6112

こちらがMAXラーメン。

海苔、チャーシュー、半熟卵が追加されています。

半熟卵がまたいい具合の味付けと半熟度。

神奈川で勤務していた頃、

先輩が六角家という有名店に連れて行ってくれて、

ライスに黒胡椒を振りかけて、

スープに浸した海苔で巻いて食べるのがオススメと教えてもらい、

それ以来、先輩の教えを忠実に守り(笑)、

今でもその食べ方がお気に入り。

家系ラーメンを前にすると、

まだまだ駆け出しで師匠や先輩に厳しくご指導頂き、

右も左も分からずあたふたしていた自分を思い出します。

初心にかえる。そんな思いがよぎります。

IMG_6143

 そして、先ほどのカスタマイズしたライスに合うのが、

これまたテーブルに常備されているきゅうりのきゅーちゃん!

こってり醤油とんこつで油膜された口腔内を

清涼化してくれる、これまた外せない食材なのです。

ここまで調味料と副菜が揃っているお店は珍しいのでは?

心から感謝です!

IMG_6113 

こちらはネギラーメン。

これに海苔をトッピング追加すると、

IMG_6141

こうなります。

炭水化物×炭水化物という罪悪感に苛まれながらも、

海苔のせライスが止まりません。

IMG_6145

ノーマルラーメンはトンコツ醤油ですが、

天命天来さんは、塩トンコツもあります。

これ以外にも、担々麺(期間限定?)や油そばなど、

カスタマイズも含めると何種もの味を楽しめてしまいます。

IMG_6144

さらに、餃子がめっちゃジューシー!

IMG_6142

通常はライスなので、

なかなかチャーハンは頼まないのですが、

 一度食べてみたら、これまたラーメンに合う!

初めてお伺いした時に、

日が当たって眩しいためか、

窓のロールカーテンが閉められていて、

お店が開いているか、閉まっているのかが判別しにくく、

そのことを店長さんに図々しくもお伝えしたところ、

早速立て看板設置の対応をして頂きました。

 IMG_6140      

 もう一つ嬉しい事は、

営業時間が11:00から21:00の中休みなし!

外まで並ぶことがあるので、

ちょっと混み合う時間をずらすこともできます。

高確率で鹿屋体育大生らしきガタイの良いお兄さん方と遭遇します。

MAXラーメンとライスでお腹いっぱいになるので、

夕飯はなしでもいいかもとなるくらい。

本格的な家系ラーメンどころか、

神奈川でもこんなにリピートしたくなるお店はなかったかも。

鹿屋にオープンして下さり、心から感謝です!

 

天命天来

鹿屋市川西町4444-5 

090-1873-1720

営業時間 11:00〜21:00

水曜日定休

 (新型コロナの影響により営業時間変更の可能性あり)

パチンコ店の右斜め上の4444がお店の場所です

 

前回の更新から随分時間が経ってしまいました。

今年に入ってから新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、

マスクやアルコール、衛生用品の不足、

イベントの活動自粛や出入国制限など

閉塞感が漂う日々が続いていましたが、

非常事態宣言も解除され、

光明が見えたかと思わせたものの、

第2波を思わせるクラスターが発生するなど、

まだまだ油断できない日々が続いています。

不織布マスクは手に入るようになってきましたが、

これからの季節は暑さで呼吸し辛いこともあり、

冷感素材のマスクを探さなければと思っているところです。

さて、毎年この季節に写真をアップさせて頂いている、

あじさい園さんの紫陽花が見頃です。

 IMG_6654

車1台しか走れないほどの狭い道路を走っていくと、

急に色鮮やかな光景が目に飛び込んできます。

以前にも書きましたが、

初めて見つけた時には、何だここは!?

とビックリしたのを覚えています。

IMG_6657

今年は赤紫の紫陽花が多い様な印象を受けましたが、

IMG_6658

見上げると、

上は青と白の紫陽花が咲いていました。

IMG_6660

ミニ展望台の立て看板があるので行ってみると…。

IMG_6659 

下まで紫陽花が咲いています。

広い面積をとても丁寧な管理がされているなと、

毎年敬服してしまいます。

 場所が分かりにくいのですが、

以前の記事で紹介したのでリンクを貼っておきます。

梅雨の晴れ間にちょっと足を伸ばしてみると良いかもしれません。 

明けましておめでとうございます。

年末は暖かい日が続き、

日中は半袖で外掃除ができるほどでした。

気候がおかしいな。地球大丈夫か?

と心配していましたが、

元旦の朝は外の水道が凍って水が出ないほどの寒さ。

来た来た!この寒さ!と一安心。

雲ひとつない晴天で気持ちの良い新年となりました。

IMG_6043

 毎年、ホテルでお預かりしている仔達や、

当院のリンを散歩に連れ出し、

散歩コースから初日の出を拝むのが恒例でしたが、

リンが高齢になってきて歩くことがままならず、

散歩に出ることができなくなってきたため、

ホテルの仔達のお世話をしている間に日が昇ってしまい、

初日の出を拝むことができませんでした。残念。

2020年、子年。切りの良い年明けとなりました。

今年の4月で当院は開院から11年目に入ります。

スタッフそれぞれの得意分野を得るために、

学会や勉強会に積極的に参加して研鑽を積み、

日々の診療に活かしていく所存です。

しかしながら、

どの業界からも聞こえてくるのが人手不足の問題。

獣医業も同様で、動物看護師さんの不足は深刻です。

当院も現在、看護師はパートが1名のみ。

動物看護師の専門学校に募集をかけていますが、

残念ながら、音沙汰なしという状況です。

いかんせん、少人数で対応しておりますので、

行き届かないところもあるかと思いますが、

皆様に的確な獣医療をご提供できるよう、

スタッフ全員で精進して参ります。

当院では、動物看護師2名と、

動物看護師資格がなくとも、

お掃除や診療補助を行ってくれる方を募集しています。

もしご希望がありましたら、お声掛け下さい。

それでは、本年も宜しくお願い致します。

1 2 3 4 5 6 56