巳年


今年もすでに6月半ば。

あっという間に半分が過ぎてしまいました。

毎年、あれをしなければ、

これもしなければを思いながら、

一年の計を果たせずにいます。

昨年末、所用で東京に行った時の事。

東京ミッドタウンに寄ったのですが、

P1000015.JPG

雑貨屋さんで、今年の干支、

巳の置物を見つけました。

DSC08959.JPG

なんともまろやかな優しいお顔です。

六兵衛窯という、京都の窯で作成されたものらしく、

大きさはこのくらい。

DSC08960.JPG

それほど大きなものではないですが、

なかなかのお値段でしたsweat02

しかし、とても強く惹かれたので、

ゆか先生にお伺いを立てbearing

virgookを貰って購入しましたsmile

CIMG0258.JPG

私は普段、

診療中はスクラブを着用しています。

医療系のテレビドラマtvで、

医師が手術の時に着用しているシーンがあるので、

見覚えのある方も多いと思います。

右胸のところに刺繍が施されているのですが、

たまに、来院された方から、

「そのマークなんですか?」

と聞かれることがあります。

CIMG0255.JPG

拡大すると、こんな刺繍です。

医療のシンボルマークである、

「アスクレピオスの杖(下図)」と、

      Esclapius_stick_svg.png

と、”獣医(学)の”を意味する、

Veterinary (ヴェテリナリー)の頭文字、

V を足し合わせたものです。

アスクレピオスとは、

ギリシャ神話の医学と治療の神で、

蛇の絡まる杖を持っている姿で表されます。

つまり、杖と蛇のマークは、

アスクレピオスに関連付けられる物なので、

医療のマークとなるわけです。

(関連する持物を、アトリビュート(attribute)という)

なぜ蛇?

思われるかもしれません。

毒をもつ厄介者、

という悪いイメージが先行しますが、

古代ギリシャでは、

蛇が脱皮する様子から、

再生の象徴とされたそうです。

ちなみに、

こちらのマークも見覚えがないでしょうか。

   Caduceus_large.jpg

先ほどのアスクレピオスの杖と似ていますが、

こちらは杖に蛇が2匹、そして、羽根の意匠。

これは、「ヘルメスの杖」(もしくは、ケーリュケイオン、カドゥケウスとも)。

ヘルメスは俊足を誇る伝令の神で、

このマークは商業の紋章になります。

しかし、装飾性が高いこと、

軍隊でウイングマークを多用することから、

救急車、軍医、衛生兵etc において、

あえてこちらのマークを選ぶことがあるそうです。

ギリシャ神話上では、

アスクレピオスの叔父が、ヘルメス。

そして、アスクレピオスの娘が、ヒュギエイア。

Pharmaklog.jpg

「ヒュギエイアの杯」(上図)は、

薬学のシンボルです。

しかし、このマークはあまり目にしたことがないです…。

それにしても、蛇に杯だと、

いかにも、”毒”を連想してしまいますcoldsweats01

さて、改めて、

六兵衛窯の巳の置物。

DSC08957.JPG

ゆか先生が巳年生まれ、

医療を表すシンボルには蛇。

うちにとっては縁のある置物ですし、

白蛇は縁起の良い動物として信仰の対象にもなっているので、

大事にしたいと思っていますconfident

このネタをやろうと思ってから半年…。

やっと果たせましたcoldsweats01

コメントを残す

CAPTCHA