炊飯器


前回の記事からお米繋がりということで。

先月になりますが、

炊飯器が古くなってきたので、

新しいものに買い替えました。

P1010106.JPG

右側は、私が学生時代、一人暮らしの時から使っていた16年もの。

左側は、確か家族がボーリング大会の景品か何かで当たったものを貰い受けたもの。

どちらも壊れているわけではないのですが、

これらのマイコン式ではなく、

お米をむらなく加熱することができるらしい、

IH式の炊飯器で炊いた美味しいお米が食べたいbearing

という思いから、

思い切って買い替えることに。

ネットpcや家電雑誌bookで、

各メーカーごとの機能や特徴や価格、

口コミなどを色々と調べ、

決めたのがこちら。

P1010108.JPG

Panasonic 製、スチームIHジャー炊飯器、

SR-SX102-Wshine

デザインが気に入ってます。

以前の炊飯器に比べると、

格段に重い…。

P1010115.JPG

内釜と、200℃スチーム機能を持つ裏蓋。

Panasonic は三洋電機と合併した後、

三洋電機製炊飯器の特徴であった「おどり炊き」機能を引き継いでいます。

(おどり炊き ; 釜底全体から泡の熱対流を起こし、お米をおどらせる)

圧力をかけて炊飯するタイプの炊飯器もありますが、

釜底の焦げ付きが困るとの口コミ・評価があったため、

スチームにしました。

200℃のスチームで、ごはんのハリ、ツヤ、甘みを引き出し、

冷めても硬くなりにくく、

ふっくら感をキープできるそうです。

P1010112.JPG

スマートフォンと手のマークがありますが、

ここにAndroidスマートフォンをかざすことによって、

レシピ検索や炊飯設定ができるそうです。

まだ試したことはありませんがcoldsweats01…。

ボタンを触ると音声で操作方法をガイドしてくれますkissmark

最近の炊飯器はしゃべるようになったのかsign02

とビックリcoldsweats02

で、肝心の炊いたご飯ですが、

美味しいですsmilesign01

P1010149.JPG

それにしても…。

ご飯を美味しそうに撮るのって、難しいbearingsign01

光量flairが足りない?

あまり光を当てても真っ白に写りそうだし…。

またチャレンジしてみますsweat02

 

2013/6/24 追記

お米の写真に再チャレンジしてみました。

DSC_0026.JPG

前回に比べ、より光flairを当てるようにして撮影camera

綺麗にツヤは出ましたが、

白色系で冷たい感じがする?

暖色系の光の方がいいのかな…。

やはり、ご飯は難しい…。

“炊飯器” への2件のフィードバック

  1. kobayashi shozo より:

    我が家も最近代えたばかりです。最近の炊飯器はビックリするぐらい値段が高いのもあったりして、ちょっと迷いましたが、めんどくさくなって、知り合いの電気屋にこのくらいの値段のヤツ!で持って来てもらいました。それなりに美味しいですよ。。

  2. Panasonic の最新機種は10万円超えてますね(汗)。
    さすがにそこまでの高価な物には手が出ませんが…。
    各社でそれぞれ特徴があるようですが、
    実際に炊いたお米を実食して選ぶことができないのが残念です。
    家電量販店でも実食コーナーと書いてはありますが、
    炊飯器が並んでいるだけで、炊いたお米はなし。
    しかし、家電量販店側からすると、
    毎日用意するわけにはいかないし、
    なかなか難しいですね。
    毎月第1日曜日は実食やってます!
    みたいなのをやってくれると良いのになぁと思いました。

コメントを残す

CAPTCHA