NIKE


先々月、鹿児島市内へ出かけた際、

新しいシューズを購入しました。

DSC05687.JPG

NIKE AIR MAX MOTOR+ 。

私がスニーカーを選ぶポイントは、

  NIKEの靴

 黒いメッシュの物

 ヒールにエアが充填されているもの

の3点。

以前勤務していた動物病院で、

先輩の先生が、

「NIKEのエアが入っている靴にしてから足が疲れない

といっていたのを聞いてから使い始めました。

確かに疲れにくいと思います

履き潰しては買い替えを繰り返して早5年。

大体、1足を2年弱くらいは履くので、

最後の方はソールもヘタって来てしまい、

エアの効果も薄れてくるような気がします。

今回購入したこの靴の取り扱い説明書には、

使用用途は ”ランニング”と書かれていますが、

残念ながらランニングとは縁遠い生活をしております

学生の頃から、短距離走は好きでしたが、

長距離走は大嫌いでした。

特に花粉飛び散る今の時期なんかは、

できれば外出せずに引きこもっていたいくらいです。

そして、今回購入したこの靴の底にはこのようなマークが・・・。

DSC05688.JPG

これは、”NIKE+ SPORTSBAND” を併用できる事を示しています。

腕にはめるバンドと、靴底にはめ込むチップによって、

走行時間・距離、消費カロリーなどが分るようです。

具体的な使用方法は、

フルマラソン完走経験多数、

本格的にランニングをされている、

コム先生のブログにアップされていましたのでご参照下さい。

(ただし、豪快且つ繊細な規定外使用のようです・・・

DSC05689.JPG

片側(このシューズは左側)の中敷きを引き剥がすと・・・。

DSC05691.JPG

このようになっていて、

中央部分、灰色の穴埋めスポンジを外すと・・・。

DSC05690.JPG

窪みがあるので、

ここにチップをはめ込みます。

どのような仕組みで色々なデータの計測をやっているのか、

不思議でなりません

せっかくだから、NIKE+ SPORTSBANDも合わせて使わないと勿体ない

NIKE(ナイキ)の社名は、

ギリシャ神話に出てくる勝利の女神ニケ(Nike)に由来しています。

私が中学生時の美術の教科書に、

フランスのルーブル美術館に所蔵されている女神ニケの像が載っていて、

その美しさと躍動感に衝撃を受けたことを鮮明に覚えています。

ギリシャ神話は、子供の時から本で何度も読み返すくらい好きでした。

女神ニケの像は絶対に一度は自分の目で見てみたいと思い続け、

5年前に、以前の勤務先での長期休み中に思い切ってフランスへ。

CIMG1355.JPG

ルーブル美術館。

広いとにかく広い

まともにひとつひとつ見て回っている時間はありませんでした。

「ミロのビーナス」、レオナルド・ダビンチの「モナ・リザ」、

ウジェーヌ・ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」などなど、

どれも感動する物ばかりですが、

やはり一番の目的は・・・。

CIMG1334.JPG

サモトラケのニケ像。

1863年、ギリシャ共和国・サモトラケ島で発見。

大理石製、高さ362cm。

NIKEのロゴマーク(スウッシュ)は、

この翼からデザインされたもの。

念願が叶い、鳥肌と感涙ものでした。

もちろん、この時も黒メッシュのNIKEスニーカーで旅行していたのでした。

そんな訳で、これからもNIKEにお世話になります

ランニングは・・・。

花粉が収まってからからかな・・・

“NIKE” への4件のフィードバック

  1. トモ より:

    こんにちは。スニーカーっていろいろなんですね~知らなかった。
    NIKEの由来も初めて知りました。
    物知りですね。さすが!!!
    あの像も知ってたけど、ニケ像って言うんですね。
    本物の迫力ってすごいですよね。私も高校の時の世界史の先生に、この像に頭部が残っているとしたら、どんな像になるか気になりませんか?
    この像は頭部がないから余計に想像力をかきたてられますね。
    と話していたのを思い出しました。

  2. KIKKO より:

    NIKEの社名の由来が、ギリシャ神話から来ているなんて、知りませんでしたー。さすが、かんく先生!!
    ルーブル美術館は私も一度だけ行きましたが、一緒に行った方が美術にほとんど興味がなく、約2時間くらいの滞在時間。。。
    ほとんど何も見れていないに等しいかも・・・
    また行きたいなー。
    飛行機に乗ってー。
    今頃、弟さんたちはヨーロッパですね。
    いいな、いいな。

  3. 確かに、頭と両手が欠けているから想像力が掻き立てられ、
    余計に人々を魅了しているのかもしれません。
    ちなみに、右手は発掘されていて、すぐ横に展示してありました。

  4. あら?意外と知られていない!?
    女性はあまりスニーカーを履かないからでしょうか?
    靴に関しては、女性の方が男性よりも選択肢が多いですもんね。
    あと、会社等の名前やロゴマークの由来を知るのが面白くて好きです。
    ルーブル美術館で2時間!?もっっったいないっ!!
    私は一人のフリープランだったので、8時間半はいました。
    それでもまだまだ見足りないほどでした・・・。
    私もまた行きたいですが、まぁ~、無理です(苦笑)。
    弟夫婦はどうなっていることやら・・・(笑)。

コメントを残す

CAPTCHA