刑事ナッシュ・ブリッジス


大学時代に同期で、

関東で動物病院を開業している親友のH先生から、

「いいもの送ったから楽しみにしておいて。」

と、先月にメールで連絡をもらい、

「何だろう?」

と思っていたら、連絡から数日後にこちらが届きました。

DSC04969.JPG

「刑事ナッシュ・ブリッジス シーズン1」のDVD

これは1996~2001年にアメリカで放送されていたTVの刑事ドラマで、

日本でも1997年からテレビ東京で放送されていました。

私が関東で大学生の頃、日曜日に放送していて、

毎週楽しみにしていました。

サンフランシスコ市警察の特別捜査班、

ナッシュ・ブリッジス(ドン・ジョンソン)と、

その相棒、ジョー・ドミンゲス(チーチ・マリン)が

犯罪事件を解決していくのですが、

アクション場面もさることながら、

この二人が織りなすドタバタコメディが面白く、

全体的に”シリアス”というよりも”痛快ポリスアクション”といった内容。

中学生の頃、舘ひろし、柴田恭平主演の「あぶない刑事」が大好きだったのですが、

それに通じるところがあるような気がします。

ナッシュ・ブリッジスを演じるドン・ジョンソンは、

1984~1990年のTVドラマ、特捜刑事マイアミ・バイスでのソニー・クロケット役、

1991年の「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」でマルボロマン役などが有名。

この「刑事ナッシュ・ブリッジス」でドン・ジョンソンの吹き替えをしていたのが、

今年の10月にお亡くなりになった声優の野沢那智さん。

アラン・ドロン、ブルース・ウィリスの吹き替えを担当していたことも有名ですが、

この他にもアル・パチーノ、ダスティン・ホフマンも野沢さんでした。

ちなみに、野沢那智さんは、女性お笑いタレントの野沢直子さんの叔父さんにあたるとか。

野沢直子さんは、TVで吹き替えの洋画も見ている時に、

ご家族から、「これ、叔父さんよ」といわれていたので、

「私の叔父さんは外人か」と思っていたそうです

映画は吹き替えではなく、字幕でみないと雰囲気が変わってしまうと思っていますが、

このDVDに関してだけは、吹き替えで見ることに決めています。

10月にお亡くなりになったのをTVのニュースで知り、

H先生に「残念だ」とメールを送ったところに届いたこのDVD。

プロデューサーでもあったドン・ジョンソンと番組制作側との折り合いが付かず、

裁判にもつれ込むなどでDVD発売がなされていなかったようで、

「なんで出ないのこんなに面白いのに。出してくれないかな~

と思っていたのですが、

ついに発売となったようです

最終的にはシーズン6まで続いたこのドラマ。

ぜひ、全部DVD化してほしいと切に願います。

H先生、ありがとうございました

“刑事ナッシュ・ブリッジス” への2件のフィードバック

  1. おいちゃん より:

    なつかしいね!
    国試勉強の思い出がふとよみがえりました。
    息抜きに研究室で見ていた姿を思い出します。

  2. あ~~~~~~~!!
    そうです!見てました!
    っていうか、私がどうしても見たくて、
    6年生特権でTVつけて見させてもらっていました。
    勉強の邪魔してすみませんでした(汗)。
    これを見ると、当時住んでいたアパートの室内や、
    研究室の風景を思い出します。
    初のコメントなしブログネタになるかと思っていました(苦笑)・・・。
    おいちゃん、ありがとう!

コメントを残す

CAPTCHA