秋の収穫・追記


前回ご紹介した、栗拾いをしてきたゆか先生

その際に、もうひとつ収穫してきたものがありました。

何だか嬉しそうに車のトランクから出してきたのは・・・。

ジャン

DSC04187.JPG

ゆか先生の上半身が隠れてしまうほどの大きな葉っぱ。

ハスイモの葉っぱです。

ハスイモは、サトイモに似ているのですが、

サトイモと異なり、根となる芋の部分は食べず、

芋茎(ずいき)の部分を食用とします。

DSC04189.JPG

長すぎるので切断して持って帰ってきましたが、こちらが芋茎。

鹿児島では、これを「トイモガラ」と呼んでいます。

元の状態だと、1.0m以上はありそうです。

長いものだと1.8mにまで成長するのだとか

DSC04188.JPG

断面はこの通り、穴が開いたスポンジのような状態。

柔らかくはないですが・・・。

さて、食べ方ですが、

まずは生のまま皮を剥き、

薄切りにして水にさらします。

そしてそのまま刺身や焼き魚のツマとして。

DSC04190.JPG

そういえば、関東や沖縄では見たことがないような気がする・・・。

DSC04191.JPG

見やすいように置いてみました。

食感は、シャクシャク。

それ自体の味はしません。

ただし、収穫時期を間違えると苦いそうです。

キュウリ等と合わせて酢の物でもいいとか。

そしてもうひとつの食べ方が、煮染め。

DSC04193.JPG

穴があいているため、汁をいっぱい含んでくれます。

何に似ているかと考えたのですが、

土臭さのない石蕗(ツワブキ)、ものすごく柔らかくなった大根、

といったところでしょうか。

生で良し、煮ても良し。

いいアクセントと味を出す、名脇役です。

このトイモガラの、

見た目の太さ・大きさに比べ、中身がなく、脆い状態を人に例え、

見かけだけで心身ともに脆く、役に立たない人の事を、

「いもがらぼくと」と呼んでいたのだとか。

き、気を付けよう・・・

 

 

 

 

 

“秋の収穫・追記” への2件のフィードバック

  1. コム より:

    とくに我々(かん・たけ・こむ)はデカいし、気をつけよう・・・。

  2. やっでよ・・・(笑)。

コメントを残す

CAPTCHA