黄砂


3月21日(日)、朝起きて外に出てみると…。

DSC02946.JPG

空が薄黄色に霞んで見えました

前日の天気予報で黄砂が来るといわれていたので、

天気予報、当たりです

黄砂(こうさ・おうさ)とは、

特に中国を中心とした東アジア内陸部の砂漠、

または乾燥地帯の砂塵が、

強風を伴う砂嵐などによって上空に巻き上げられ、

春を中心に東アジアなどの広範囲に飛来し、

地上に降り注ぐ気象現象のことだそうです。

屋外の物品に砂が付着したり、

視界や日照の悪さ、交通障害、農作物への被害、

人間や家畜が砂ぼこりを吸いこむことによる健康被害など、

国をまたいで多数の被害をもたらすことによる経済的損失は、

毎年7,000億円を超えると推定されているとか。

DSC02947.JPG

太陽もこの通り、直視可能。

銀色に見えます。

DSC02948.JPG

黄砂の粒子が太陽光の一部を遮蔽して弱めるため、

このように見えるようです。

春に朧月夜が多く見られるのも同じ原理。

DSC02949.JPG  DSC02477.JPG

            3月21日  7:30                     1月27日 7:43

高隅山もこの通り。

ほぼ同じ場所からの撮影なので、

かなり視界が悪いことがわかります。

日本では気象庁により、黄砂とは大陸性の土壌粒子により、

視程が10km以下になる現象の事と定義されています。

撮影場所から高隅山まで直線距離がちょうど10kmほどなので、

高隅山が見えないとなると視程は10km以下。

黄砂の定義に当てはまります。

遠く離れた日本でこの状況なので、

黄砂の発生地である中国では相当な被害でしょうね。

桜島の火山灰と一緒になったらどんなことになるやら…

バッティングしないことを願います

 

“黄砂” への6件のフィードバック

  1. kobayashi より:

    この日は風が強くて幸い黄砂が晴れるのが早かったですね。私はこの日ゴルフ、風が大変でしたけど!!
    若い頃、シルクロードを旅したことがあって、その時砂嵐にあった。地元の人は車が走れるから大した事は無いと方と言っていたが、それでも視界は悪かった。これが黄砂の原因かと思ったのを憶えています。
    砂が飛んで来る事は自然の事だからしょうがないとして一緒に中国から有害物質が飛んできそうで嫌ですね!

  2. KIKKO より:

    黄砂すごいねー。
    先日、群馬にスノボに行ったら、やっぱり空が黄色く曇っていて、「黄砂だねー」と言っていたんだよ。
    鹿児島も中国に近いからかな?
    黄砂と噴火が一緒にならないことを祈っております☆

  3. この日にゴルフですか!?
    それは最悪なコンディションでしたね。
    シルクロードを旅したことがあるなんて、
    とてもカッコイイですね!
    貴重な経験ですね。羨ましいです。
    エチゼンクラゲやトッピーが悩まされた流木も中国からとか?
    黄砂を止めることはできないにしても、
    環境に対する意識を高めてほしいと思います…。

  4. スノボですかー。いいですねー。
    もう何年行ってないやろかー。
    あ、ゆか先生が横で羨ましがっております(笑)。
    そうなんです。
    黄砂と噴火がいっしょになったら大打撃です。
    そうなりませんように…。

  5. コム より:

    黄砂をサーフィンで掛け登り、北京に攻め入っっちゃる!
    ?????

  6. サーフィンやっている姿が想像できんがよ…(笑)。
    ジョガーにとっては灰にならんで黄砂も迷惑やろね。

コメントを残す

CAPTCHA