争奪戦


当院と実家の裏庭にイチジクの木があり、

たくさんの実をつけます。

DSC01055.JPG  DSC01057.JPG

    当院の裏庭↑         実家の裏庭↑

イチジクはクイズ番組でもよく問題に出されますが、

漢字で表記すると

10、9、8

7、6、5

4、3、2

1、0

タイムアップ

「無花果」ですね。

花が咲かずに実をつけることから付けられた漢語だそうですが、

実際には外から見えない花が咲くそうです。

別名、「蓬莱柿(ほうらいし)」、「南蛮柿(なんばんがき)」、「唐柿(とうがき)」と、

色々あるようです。

また、食用とする部分は実ではなく、

花托(かたく)という部分だそうです。

トルコに旅行した時に、乾燥したイチジクがたくさん売っていました。

旧訳聖書では、エデンの園にいたアダムとイブが、

蛇にそそのかされて禁断の実を食べ、

自分たちが裸であることに気が付き、

イチジクの葉で作った腰蓑を巻いたとされていることからも、

ヨーロッパではポピュラーな果物なのでしょうね。

さて、このイチジク、収穫するタイミングが難しい。

DSC01054.JPG

これくらいだと、あと1日置いておきたいところですが、

翌日に収穫しようとすると、

すでに働き者の蟻さんに先を越されることが多いのです。

そして、もう一匹の天敵が…。

うちのモモ

この時期に庭に出ると、嬉々として実を探します。

先日も、ゆか先生が見つけ、実を採ろうとしたら、

横にいたモモがゆか先生にタックルし、

そのままパクッ

 ; 「あぁああぁあぁぁぁ

 ; 「

そしてすかさず次の実を探すモモ…。

油断も隙もないとはこのこと

DSC01062b.JPG

完熟すると皮にヒビが入って、崩れてきます。

中の花托にズームしてみると…。

DSC01063.JPG

結構グロテスク…。

ひとつひとつの小さな房の先端に、何かニョロってしています

割れてしまったものは、勿体ないですが、

楽しみにしているへ。

DSC01067.JPG DSC01069.JPG

  ; 「まて」 ;「…。」    ;「よし」 ;バクッ

                       ;「痛たた

 ; 「やっぱりかじられた…。」

たくさん採れて食べきれないのですが、

さすがににどんどん与えるわけにもいかず。

そこで、ゆか先生が最近お得意の…。

DSC01044.JPG

皮を剥いて砂糖に一晩浸けた後に、

レモン果汁を加えて中火で加熱して…。

DSC01053.JPG

ジャムにしてもらいました

まだ食べていないので、楽しみです

美味しいパンを買ってこねば…。

 

 

 

 

“争奪戦” への4件のフィードバック

  1. コム より:

    今日もいい天気だったね。
    一緒にポスティングしとくよ、
    「ゆかのお手製ジャム工房」
    違うか!?

  2. 「お手製落花生とうふ」も一緒に…。
    違うって!

  3. キッコ より:

    日曜日はどうもありがとう!うれしたのしい時間でした。
    飛行機も見られたし♪(笑)
    イチジク美味しそう?。
    しかも、ゆかちゃん、ジャムって!!すごい!!
    PAULのパン、味つきのパンばかりだったから、ジャムには向かないね・・・
    でも、美味しかったでしょ?
    私の一番のお気に入りパン屋さんです(^^)
    いちじくジャムの感想、教えてくださいねー。
    ではでは、今週もまたがんばりましょう!!

  4. わざわざ来てくれてありがとう!
    パン美味しかったです!
    前回のブルーベリーとスモモジャムが余っているので、
    イチジクジャムはまだお預けです。
    では、頑張りましょう!

コメントを残す

CAPTCHA