生ライチ!


先日、鹿児島市内での所用のため、

桜島フェリーshipに乗ろうと、

垂水方面から桜島方面へ向かい、

carで垂水市を走行中のこと。

海潟漁港を過ぎ、

左へカーブしながら、

右手にあるローソンを過ぎたあたりで、

右手に…、

DSC_0215.JPG

「ライチ」の幟を発見eye

通り過ぎた後に、

ゆか先生の美味しいものレーダーが働いたらしくcoldsweats01

virgo 「気になるsign01

と言い出したため、

時間にも余裕があったので、

Uターンして寄ってみることに。

車を止めて寄ったところ、

自宅前の入り口に、

ご夫婦がいらっしゃいました。

DSC_0211.JPG

枝についた状態の、生ライチshine

冷凍ものは良く見かけますが、

なかなか見かけない生ライチにテンションアップupsign01

右側のパック詰めのものが1,200円、

左側の袋詰めのものが850円でした。

ゆか先生、以前より生ライチを食べたかったこともあり、

喜んでご夫婦とお話をさせてもらっていたところ、

ライチの樹を見せて頂きました。

DSC_0212.JPG

意外と大きな樹でビックリ。

DSC_0213.JPG

ぶれてしまいましたが、

ライチがいっぱい生っています。

ライチ、もしくはレイシ。

英語ではLychee(ライチー or リーチー)。

中国原産で、亜熱帯気候の土地での栽培が適している。

楊貴妃が好んだ果実としても有名です。

奥にあるビニールハウスも見させてもらったところ、

DSC_0214.JPG

こちらもぶれていますが、

ドラゴンフルーツを栽培されていました。

こちらも近日中に販売されるそうですhappy02sign01

軒先から北側(桜島方面)を見た風景がこちら。

DSC_0216.JPG

国道220号線を、

画面奥の方に道なりに走ると、トンネルがあります。

トンネルを過ぎると、

すぐに桜島周囲を走る224号線につながるT字路になります。

DSC_0235.JPG

実だけ採るのではなくて、

枝ごと切ってしまうんですね。

 

DSC_0237b.JPG

皮を剥いているときから果汁があふれてくるほどジューシーshine

果肉は透き通っていて、

光の当て方によっては中の種の輪郭が分かります。

そして、冷凍ものとは比べられないほどの爽やかで上品な香りと甘さ。

時期的には今が丁度で、

8月始め頃まで収穫できるそうです。

また、たるみず道の駅でも販売されているそうです。

栽培されている方のご厚意で、

お名前と連絡先を教えて頂きました。

もし、行かれる際には、

事前に連絡し、

時期的にまだ購入できるかと、

対応可能時間を確認された方が良いかと思います。

是非、お試しあれsmilesign01

 

角野 寛志 様 (スミノ ヒロシ 様)

0994-32-6026

下の地図は、正確な住所が分からなかったため、

おおよその位置で示してあります。

“生ライチ!” への2件のフィードバック

  1. KIKKO より:

    うわぉー、生ライチーーーーーーー!!!!
    初めて見ました、木になっている様子。
    食べてみたーい!
    ライチが実っちゃうなんて、鹿児島はやっぱり南国なのだねー。と改めて思いました(*´∀`*)

  2. 私たちもビックリしました(笑)。
    沖縄、鹿児島、宮崎では栽培されているそうです。
    マンゴーよりも寒さに強いのだとか。

コメントを残す

CAPTCHA