稚加榮


学会初日の夜は、

お世話になっている知り合いの先生に連れられ、

中央区大名にある、料亭 「稚加榮(ちかえ)」さんへ。

博多の名物といえば数ある中でも明太子が挙げられますが、

その明太子で有名なお店だそうです。

水槽があって、お魚が美味しいとは聞いていましたが、

DSC_0032a.JPG

ちょっと尻込みするほど立派な佇まいsweat02

最初の自動ドアを入ってすぐ、

DSC_0050.JPG

烏賊が泳ぐ生け簀が目に飛び込んできます。

これまた新鮮で綺麗な烏賊。

これは期待大smile、と思い、

さらにもう一つの自動ドアから中に入っていくと…。

DSC_0042.JPG

なんじゃこりゃcoldsweats02sign01

とビックリするほどの大きな生け簀sign01

その大きな生け簀をぐるりと取り囲むようにカウンター席があり、、

通路を挟んでさらにお座敷が取り囲んでいます。

いったい何人入れるんだろうcoldsweats01

生け簀の中は、

伊勢海老、石鯛、関アジなどなど。

DSC_0034.JPG

板前さんがいる近くのカウンター席に座りました。

こちらには、サザエ、アワビ、車エビなど。

生け簀があるお店は生臭さを感じたりすることもありますが、

こちらはそんなことは全くありませんでした。

配膳をする女性店員さん方は、皆さん和服姿。

年齢層は幅広く、たくさんいらっしゃって、

こんなに人いらないんじゃ?

と思っていたのもつかの間。

あっという間に満席fullに。

かなりお忙しそうにされていました。

DSC_0035.JPG

まずはお通し。お醤油は生姜と山葵の2種類あり、

魚の種類によって使い分けられるようになっていました。

DSC_0033.JPG

新鮮なお魚でビールを頂きたいところでしたが、

この日はまだ日が昇らぬ早朝から行動開始、

そして初めてお会いした先生ともご一緒だったので、

酔いが回って醜態を晒すわけにはいかないと思い、

ノンアルコールで自粛ですcrying

DSC_0037.JPG

お造り。

DSC_0036.JPG

そして、先ほどまで泳いでいたと思われる、

烏賊のお刺身。

身が透き通ってますshine

脚と胴体部分は、

このあとで天麩羅にしてもらいましたが、

これまたビールに合いそうな品でしたcrying

DSC_0039.JPG

お吸い物。

DSC_0040.JPG

明太子が入ったお鍋。

DSC_0041a.JPG

柑橘系の皮を器にした、魚介のグラタン風焼き物。

DSC_0043.JPG

茶わん蒸し。

DSC_0044.JPG

エビと野菜の揚げ物。

この後に、雲丹めしとお味噌汁があったのですが、

初めての雲丹めしに興奮happy02して写真を撮り忘れてしましましたbearing…。

DSC_0049.JPG

最後のデザート。

お店に入ったときは、

魚介だから、そんなにお腹いっぱいにはならないだろ。

せっかく博多に来たから、ラーメンnoodleで〆ようかななんて

思っていましたが、とんでもない!

かなりの満腹状態で、

とてもとても、ラーメンなんて甘い考えでした…。

お昼のランチはかなりお得で大人気らしく、

しかも、明太子が食べ放題とかlovely

今度はランチにも来てみたいと思いました。

お店に入った時のビジュアルインパクト、

料理の質と量ともに驚きがあり、

知らない人に教えたいsign01となること間違いなしです。

別棟はさらに敷居の高い料亭のようでした。

個室とかもありそうです。

また来る機会があるかは分かりませんが、

福岡で再訪したいお店が増えましたwink

 

稚加榮

福岡県福岡市中央区大名2-2-17

092-721-4624

11:00~22:00 無休

“稚加榮” への2件のフィードバック

  1. とも より:

    すごーい!!!
    ここいきたぁーーーーい!
    すべてがおいしそぉ!
    そだよねー。
    はじめてお会いする人の前で酔いつぶれちゃいかんしね。
    鳥かごにはいっちゃいかんしねー!
    ノンアルコール選んで正解っ!(笑)

  2. ここは本当にインパクト大なので、
    福岡に行く機会があれば、是非!
    そうそう、鳥かごから出れなくて焦ったって…。
    って、ほっとけ(爆)!

コメントを残す

CAPTCHA