朗報


鹿屋市で町内会に加入している各家庭には、

月に2回、「広報 かのや」が配布されるのですが、

P1000306a.JPG

これに目を通していたゆか先生virgoが、

これ見てsign01と声をかけるので見てみると、

P1000309a.JPG

鹿屋市とその周辺の道路整備概要の図が出ていました。

東九州自動車道 曽於弥五郎IC ~ 鹿屋串良IC(仮称)が

H26年度に開通予定sign01

さらに、

P1000310.JPG

東九州自動車道に直結する、

大隅縦貫道が平成26年度開通予定とのことflairsign01

当院の場所は画面左側の赤矢印の先端あたり。

最寄りの東原ICまで約10分ほどなので、かなり近いです。

現在、鹿児島空港airplaneへ向かう場合は、

空港 ~ 鹿屋市 直通バスbus(高速道路利用せず)で約100分、片道2,000円。

自家用車carで高速道路を利用しないなら、

国道504号線を北上し、輝北、牧之原、国分を通るルート(A)で約90分。

ただし、輝北辺りは霧が出ることがあるので、

天候によっては国道220号線の眺めの良い海岸線を走るルート(B)もありますが、

こちらはルートAよりも時間がかかります。

時間的な余裕があるときはルートA・Bのどちらかですが、

時間がない場合は、国道269号線を北上し、

曽於弥五郎ICから東九州自動車に乗り、

そのまま溝辺鹿児島空港ICまでのルート(C)を利用。

鹿屋市中心部から曽於弥五郎ICまで約40分、

曽於弥五郎ICから溝部鹿児島空港ICまで約35分、

溝部鹿児島空港ICから鹿児島空港まで約5分なので、

約80分で鹿児島空港に着けます。

が、高速料金が末吉財部ICから溝部鹿児島空港ICまで、

普通車で700(割引) ~ 1,300(通常)円。

(曽於弥五郎IC ~ 末吉財部IC 間は現在無料)

ルートAとCの差を比べると、最安700円で約10分の時短。

700円で10分しか変わらないなら高速を使わなくてもいいか…。

となりますが、

東九州自動車道が鹿屋串良ICまでつながり、

大隅縦貫道が開通すると、

ついに鹿屋市から鹿児島空港まで約60分happy02sign01

この時間差clockは結構大きいと思います。

あとは高速料金がいくらになるのかが気になりますthink…。

時間に余裕があるなら下道、

余裕がないなら高速料金を払ってでも高速を利用。

選択肢が広がることは良いことだと思いますcatface

昨日、衆議院が解散し、

12月16日に選挙となりました。

政権が変わっても、

開通予定期日が延期に変わらないで欲しいと願うばかりです。

ましてや八ッ場ダムのように、

工事中止なんてことにはならないように…。

八ッ場ダムは完成に近づいているらしいですが)

工事に携わる現場関係の方々に、

怪我や事故がありませんようにsun

“朗報” への2件のフィードバック

  1. kobayashi shozo より:

    やっと出来るのかと言う所ですね。長かった。
    鹿屋串良IC〜末吉ICは新直轄方式ですので「無料区間」です。
    ですから鹿屋から高速使っても値段は今と変わりません。
    空港までもですが、多分鹿児島市内まで行くにもこちらの方が早いかもしれませんね!!

  2. 追加情報ありがとうございます!
    鹿屋串良ICから末吉ICは無料区間ですか!
    それは助かります。
    末吉財部ICから鹿児島ICまでETCで1,300円なので、
    金額的にも家族が多いほどフェリーより安上がりですね。

コメントを残す

CAPTCHA