節電


当院の受け付けに、張り紙をさせて頂いております。

DSC05841.JPG  DSC05840.JPG

現在、関東地方で計画停電を行うなどの処置がとられているため、

当院でも節電を心がけております。

私には来ていませんが、

私の家族に節電を呼び掛けるチェーンメールが送られてきました。

これ自体は信憑性のないものであると発表され、

電力会社でも節電を呼び掛ける発表は行っていないようです。

ですが、今回の地震・津波による被害地の現状と、

計画停電により不便を強いられている関東地方のことを考えると、

「こちらは関係ないから。」といってはいられないと感じています。

トラブルで電力の供給不足が発生した際、

余力のある会社から送電を受けられるよう、

電力会社間は送電線のネットワークがつながっているそうです。

この電力のやり取りを、「相互融通」といいます。

しかし、東日本と西日本では、

東では50Hz(ヘルツ)、西では60Hzと交流電源の周波数が異なるため、

西で余った電力をそのまま東へ送るということはできず、

周波数を変換する必要があるそうです。

西と東の境界線は、糸魚川静岡構造線にほぼ沿っているのですが、

これは、新潟県糸魚川市の親不知から諏訪湖を通り、

静岡市の安倍川に至るまでの大断層線のことだそうです。

周波数を変換することができる施設は、日本に3ヶ所あります。

静岡県浜松市の、電源開発株式会社 佐久間周波数変換所。

静岡県静岡市の、中部電力 東清水変電所。

長野県東筑摩郡の、東京電力 新信濃変電所。

この3ヶ所で変換し、融通できる最大電力は100万kW(おそらく1日)。

そのため、いくら西側で電力が余っていても、

そのまま東側へ送電することができないのですね。

電力周波数の違いというやっかいな問題。

先日、友人達と集まった時にも話が上がったのですが、

「なぜ、東日本と西日本で電気の周波数が異なるのか?」

これは、明治時代に、関東では東京電燈が50Hz仕様のドイツ製発電機を、

関西では大阪電燈が50Hz仕様のアメリカ製発電機を採用したことによります。

ひとつの国の中でこれだけきっちりと周波数が分かれていることは極めて珍しく、

第二次世界大戦直後、復興に合わせて商用電源周波数を統一しようという

動きがあったようなのですが、復興が急速に進んだため、

実現がほぼ不可能になったとされているようです。

一国に異なる商用電源周波数が存在することで、

日本の電気工業技術は世界的に高められたと言われているそうですが、

今回のような大規模災害が起こってしまうと厄介な問題となります。

以前は、西と東で電化製品を使用する際には周波数が異なるので

気をつけなければならないといわれていました。

周波数が異なっても使用できるのは、

テレビ、ラジオ、ビデオデッキなどの音響・映像機器、

パソコン、照明器具、掃除機、

トースター、電気コタツ、電気毛布などの電気抵抗を利用した熱機器。

性能が変化するものは、

冷蔵庫、扇風機、エアコンで、

50Hzでは能力が落ち、60Hzでは消費電力が若干大きくなる。

しかし、インバータ(直流電力から交流電力を電気的に生成する電源回路)を

内蔵している機器では性能の変化は起こらないそうです。

使用できなくなるもの(インバータを内蔵している機器は除く)ですが、

レコードプレーヤー、テープレコーダーは再生スピードが変化。

電子レンジでは50Hz用を60Hzで使用すると焦げたり、

その逆では内部機器が加熱焼損し危険。

洗濯機では脱水時の回転数が高くなりすぎ、

蓋を開けた時のブレーキの危機が悪くなり危険。

しかし、最近の電化製品は、高効率化・低消費電力化を目的に、

前述のインバータを内蔵している電化製品が多いため、

製品の表示や取扱説明書に「50Hz/60Hz」と記載されていれば、

そのまま使用できるか、切り替えスイッチがあるようです。

計画停電圏内の動物病院の先生のお話を聞くと、

停電に合わせて手術を行う日を調整されたり、

半日の診療を休診とせざるを得なくなる等、

色々とご苦労があるようです。

こちらでは計画停電のない毎日を過ごしておりますが、

やはり皆様のご苦労を思うと、いつも通りとはいきません。

僅かながらでも助力となれば、と思っております。

福島原発で復旧作業にあたられている方々は決死の覚悟だと思います。

作業員の皆様のご無事を心よりお祈り致しております。

電力の復旧と、放射線による被害の収束、

そして、1日でも早く被災者の皆様が平穏な日々を取り戻せるよう願うばかりです。

“節電” への2件のフィードバック

  1. KIKKO より:

    被災地から一番遠い九州でもこうして被災地や関東のことを想い、
    節電をしてくれていること、その気持ちをとっても嬉しく思います。
    私がエラそうに言う立場にもないですが、ありがとうございます。
    きっと九州からの想いや祈りも、被災地に届いていると思います。
    いろいろな意見の人がいるだろうけど、
    私は、いつも通りに生活できる人は、想いや祈りは別として、
    いつも通りに生活することも大事なんじゃないかと思います。
    日本全体が沈んでしまったら、復興どころじゃなくなっちゃうもん!
    元気な人は元気に経済活動する。
    これも1つの、復興への支援かなって。
    それにしても、日本人の「助け合い」の精神は素晴らしいですね。
    この苦しみをみんなで乗り越えたら、
    きっと日本はもっと素晴らしい、誇れる国になれる!!
    そう信じて、みんなで頑張りたいですね。

  2. 私も、「いつも通りに生活することも大事」に賛成です。
    結婚式を延期したり、お花見用のオードブルがキャンセルになるなど、
    お祝い事、お祭り事が自粛されているようです。
    計画停電が続く間はライトアップしての夜桜は難しいでしょうね。
    震災数日後に、アメリカや中国で、
    「被災者は暴動を起こさず、整列して配給を受けている。」
    「素晴らしい忍耐と助け合いの精神を持っている。」
    との報道があったことを知り、
    とても嬉しく、日本人の精神を誇りに思いました。
    しかし残念なことに、被災店舗の窃盗被害が拡大しているとのこと。
    これには本当にガッカリしました。
    「悪銭身に付かず」という諺を忘れてしまっているのでしょうか・・・。
    みんなで乗り越えるという気持ちを忘れずにいたいと思います。

コメントを残す

CAPTCHA