Persimmon


11月に入り、年末ムードとなってきました。

2012年ももうすぐ終わってしまいます。

本当に1年があっという間に過ぎてしまうように思えます。

さて、今回のタイトル、Persimmon。

グルメネタが多いのでcoldsweats01

新しいお店がどこかにできたのかsign02

と思われた方もいるかと思いますが、違います。

英単語です。

もうひとつヒントは、果物です。

私たちにとっては馴染みのある果物ですが、

英単語にすると、

あまり聞き覚えのない単語ではないかと思います。

今の季節(ちょっと過ぎたかな?)に良く目にする果物なのですが…。

答えは・・・・・・・・・・。

 

 

 

P1000114a.JPG

柿でしたsmilesign01

リンゴ=apple、梨=pear、葡萄=grape などに比べると、

聞き覚えがないですね。

ちなみに渋柿は、the bitter juice of the persimmon、

もしくは persimmon tannin だそうです。

子供のころはリンゴが好きで、

歯応えがなく、果汁が少ない柿には見向きもしなかったのですが、

今では好んで食べるようになりました。

P1000154.JPG

私は熟れてジューシーな柿が好きなのですが、

ゆか先生はまだ熟れていない、歯応えのあるものが好き。

そういえば、

バナナbananaでは、私はシュガースポットありが好きで、

ゆか先生はないものが好き。

ごはんriceballは私がやや硬め、ゆか先生が柔め。

気が合いませんなぁgawk…。 

“Persimmon” への2件のフィードバック

  1. kobayashi shozo より:

    最近見ませんが、ゴルフクラブにパーシモンってのが有りました。
    その名の通り柿の木を素材にしていた様ですね。多分固い木なんでしょう。。
    ちなみに僕は熟れていない歯ごたえが有るのが好きです。。

  2. なるほど。木の素材として見ることを忘れていました。
    桃栗三年柿八年といいますが、
    成長の遅い木ほど堅くなるのでしょうか?

コメントを残す

CAPTCHA