紹介その4


しばらくぶりに、家族紹介です。

前回までの3回はでしたが、

今回からはです。

なぜ怠っていたかというと、

はシャッターチャンスが難しいからでした。

さて、今回は、実家の猫、ミューです。

CIMG6956.JPG

18歳くらいの、おばあちゃん。

小さいころから実家にいたのですが、

この子は抱っこされるのが嫌いで、

家族と着かず離れず、

微妙な距離をとる仔でした。

でも、月に1回くらい、

母にすり寄って来て、膝に乗りたがってきたそうです。

CIMG6957.JPG

最近は、鼻水グシュグシュ、

体の毛を自分でむしってしまったりと、

年齢を感じさせるようになってきていました。

さらに、先週くらいから呼吸が荒くなり、

レントゲンで胸を確認したところ、

胸に水が溜まっていました。

肋骨の間から針を刺し、

溜まった水を吸引したら呼吸が楽になったのですが、

抜けた水はサラサラの乳白色。

猫はケンカをして胸に外傷を受けると、

膿胸といって、膿が溜まることがありますが、

この仔の場合は外傷はなかったことと、

胸部のエコー検査で心臓近くに増殖した組織があったことから、

おそらく腫瘍ができていたと考えられます。

その後、1週間程してからまた呼吸がおかしくなり、

先日、同じようにして水を抜きました。

前回同様、呼吸は楽になり、

ご飯も食べだしていましたが、

昨日の夕方、母から、ミューが亡くなっていたことを聞かされました。

元気にしていたので、私達もこんなに早くとは思っていませんでした。

水を抜く間隔が狭まり、病院で酸素をかがせながら、

最後を看取ることになるかな…。

と予想していたのですが、

話によると、昨日も呼吸は楽そうで、朝ご飯を食べ、

さらに外にお散歩にお出かけ。

そして、夕方近くに家族が帰宅すると、

ミュー指定の寝床で眠るように亡くなっていたそうです。

亡くなる直前までご飯食べて散歩に行っていたことを考えると、

年齢からしても大往生だと思います。

近寄ってこなかったのであまり可愛がってあげられなかったけど、

最後を安心して迎えられる場所であったことは、

良かったなと思いました。

ミュー、逝ってらっしゃい。またね。

ありがとう。

CIMG6958.JPG

 

 

 

“紹介その4” への6件のフィードバック

  1. コム より:

    動物は自分の死を誰かに看取られたくはないのだろうか?
    うちのビーグルも両親の外出中に自分の寝床で息を引き取ったらしい。
    ヤツも16歳でした。大往生です。 ミューもね。
    天国でうちのビーグルがミューを追い回してない事を祈ります。

  2. ビーグルで16歳とは、あまり出会ったことがないかも。
    長生きしたね。確かに大往生です。
    ミューは犬と一緒に生活してたから、
    犬には慣れていると思うけど(苦笑)。
    天国で仲良くしてくれてれば良かねぇ。

  3. キッコ より:

    猫は自分が死ぬところを見られないように、死ぬときはいなくなる、なんて聞いたことがあるけれど、ミューちゃんは自分の定位置で家族のぬくもりや匂いを感じながら「虹の橋」に旅立ったんだね。寂しさや悲しさはもちろんあるだろうけど・・・安らかな最後でよかったね。
    いつかまた「虹の橋」でミューちゃんに会えますように。
    うちの華(猫嫌い)もミューちゃんと仲良くしてくれているといいのだけど・・・

  4. 本当に、安らかだったと思います。
    硬直を解いた後、しばらく抱っこしていたのですが、
    眠っているようで、母も、
    「なんだか今にも起きそうだね…。」
    といったくらいでした。
    華ちゃんも猫嫌い!?
    ミューは当たらず触らずだから、
    うまくやっているのでは!?

  5. オイちゃん より:

    ありがとう、と言える最後をミューちゃんが迎えてくれて、きっと家族思いのいいコだったんでしょう。距離をとりながらも先生のご家族が大好きなコだったんでしょうね。
    私ごとですが、実家のアラスカンマラミュートのモモが昨日15歳4ヶ月の生涯を終えました。最後は寝たきりで夜鳴きに悩まされましたが亡くなる直前までしっかり食べて眠るように逝きました。
    寂しいながらも晴れ晴れとした気持ち、というのでしょうか。本当に「ありがとう」といえる最後を迎えてくれて最後まで家族思いのコでした。

  6. オイちゃん!初コメントありがとうございます!
    そうですか。モモちゃん、逝きましたか。
    お悔やみ申し上げます。
    研究室で良く話を聞いていたので、覚えています。
    マラミュートで15歳であれば、長生きですよね。
    しかも直前まで食べていたとなれば、
    モモちゃんも大往生ですね。
    幸せだったことでしょう。
    うちのモモ(G.レトリバー)はまだ元気ですが、
    もう11歳。兄弟のほとんどは先に逝きました。
    この仔に限らず、うちにいるみんなとの時間を、
    大切にしていきたいと思っています。

コメントを残す

CAPTCHA