ゼロ・グラビティ


先週の休診日に、

アルフォンソ・キュアロン監督作品、

「ゼロ・グラビティ」を観に行きました。

346608view001[1].jpg

12月公開だったのでもう終わり間近らしく、

上映は一日一回のみ。

字幕だと無意識に無意識に水平を意識してしまうので

吹き替えがお勧めとのことで、

3D吹き替えで鑑賞しました。

面白かったです!

まるで自分が宇宙にいるかのような臨場感と、

宇宙から見た地球の美しい映像が素晴らしかった。

宇宙旅行が手の届く時代になりつつありますが、

私が生きている間に行くことはできないと思うので、

宇宙に行ったかのような感覚を得られたのは良かったです。

残念なことがひとつ。

この映画の原題は、「Gravity」。

(Gravity=重大さ、容易ならぬこと、重力、重さ)

観る前は「ゼロ・グラビティ」という邦題に違和感はなかったのですが、

観終わった後、

「なぜ邦題に”ゼロ”を付けたsign02蛇足だpoutsign01

と思ってしまいました。

見逃した方は、DVDで是非!

コメントを残す

CAPTCHA