とれたてホップ


秋になると毎年見かける、

こちらの一番搾りbeer

DSC_0388.JPG

”とれたてホップ 一番搾り生ビール”。

岩手県遠野産のホップを使用している一番搾りです。

私はアルコールに弱いので、

毎晩の晩酌を楽しみにしているタイプではないのですが、

大学時代の親友が岩手県遠野市出身なので、

これを見るとついつい買ってしまうのですcoldsweats01

KIRINさんのHPによると、

一般的なビールは、ホップの収穫後、

品質を保つために乾燥させて使用するが、

”とれたてホップ 一番搾り生ビール”は、

収穫したばかりホップを水分が含まれた生の状態で凍結させ、

これを細かく砕いて使用することで、

旬のホップの個性を最大限に引き出した。とのこと。

ホップは、ビールの原料のひとつ、としか知らなかったので、

調べてみました。

ホップはアサ科のつる性多年草で、

和名はセイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)。

コーカサス地方原産(黒海とカスピ海に挟まれた地域)。

ロシア南西端、グルジアあたりかと思われます。

紀元前6世紀頃にはビールの原料として野生ホップが使用されていたとか。

雌株の毬花(キュウカ)が苦み、泡、香りに重要で、

雑菌の繁殖を抑え、腐りにくくする働きがある。

14~15世紀にビールの保存性を高める効果から原料の主流となった。

日本では、北海道、東北地方で栽培されている。

生薬として健胃・鎮静作用がある他、

エストロゲン様作用による更年期障害の改善、

睡眠時間延長、胃酸分泌促進、肥満予防などがあるとされているそうです。

また、2006年にサッポロビールによって、

ホップ抽出物に含まれる、

ポリフェノールの一種であるホップフラボノールに、

花粉症症状を軽減する効果があることが突き止められたそうです。

まぁ、花粉症cherryblossomの時期にビールbeerを飲むと、

さらに鼻がつまる、目が痒くなるなど、

症状がひどくなるんですけどねcrying…。

ビールに合うメニュー、色々ありますが、

私は…。

餃子には欠かせないと思いますsmilesign01

ということは、ビールの消費が多い県は、

餃子の有名な宇都宮を擁する栃木、

はたまた、それを追い越したとされる浜松を擁する静岡かsign02

と思ったら、

ベスト3は東京、大阪、京都。

ワースト3は奈良、鹿児島、埼玉。

静岡は25位、栃木はワーストに近い44位。

餃子とビールの消費量は比例せずcoldsweats01…。

コメントを残す

CAPTCHA