幸運


昨日(9月6日)の午後2時、

スタジオジブリの宮崎 駿 監督が引退会見を行いました。

「風の谷のナウシカ」が公開された1984年、

当時私は10歳。

北田交差点にあった、

”おもちゃの松元”さん(だったかな?)の2階(3階だったかな?)で

プラモデルを買った時に、

レジに置いてあった、

「風の谷のナウシカ」の割引券。

今のように前情報が何もないのに、

割引券に描かれたナウシカと王蟲に強烈に魅かれました。

よっぽど凝視していたのでしょう。

店員さんに、「欲しいの?」と聞かれ、

券を貰えたのが嬉しかったのを今でも覚えています。

鹿屋本町一番街にあった映画館movieでみたナウシカは、

30年近く経った今でも鮮烈に覚えています。

映画館もその当時はゆるかったのか、

全席入れ替えではなかったので、

見終わった後にそのまま居座ってもう1回見ましたcoldsweats01

映画館の方、申し訳ありませんでしたbearing

「ルパン三世 カリオストロの城」も宮崎 駿 監督と知ったのは、

しばらく経ってからでした。

すでにTVのロードショーで放映されていたのですが、

TVtvがあった部屋に布団を並べ、

泊りに来ていた従姉妹達と一緒に

大爆笑happy02しながら見たのを覚えています。

その後も周知の通り、

多くの名作を残されていますが、

現在公開中の「風立ちぬ」。

先月の始めに見に行ってきました。

P1010642.JPG

最初はあまり乗り気ではなかったのですが、

監督が試写後に涙したとのことと、

鈴木プロデューサーが、

「宮崎 駿からの遺言です。」(確かこのようなニュアンス)

とのコメントがあったので、

もしかしたら監督の作品は最後になるかもと思い、

見に行ったのでした。

公開されてからちょっと経っていたので、

賛否両論の批評があることは知っていましたが、

私は…。

見に行って良かったと思いました。

仕事をし、結婚をしている今の自分がいるこの時に、

この映画が公開され、

見ることができて幸運だったと思います。

子供の時の自分が見ても、

「はて?」と思ったと思います。

戦争、貧困、病気で生きることが困難だった時代を

必死に生き抜いてきたご先祖様がいて下さったからこそ、

今の自分がいるんだな…。

と感じたのと、

主人公の技術者、当時のエリートとしての生き様、

ヒロインの潔さに感動しました。

私も、ゆか先生も、ダーcryingでした。

この映画は、

零戦を設計した堀越 二郎氏を題材としていますが、

零戦はほぼ出てきません。

私はそれもまた良かったと思っています。

ネットでは、「零戦の活躍を期待していたのに…。」

とのコメントが見られますが、

高性能の零戦が空中戦で敵機を打ち落とすシーンは、

この映画には必要ではなかったと思いました。

ただ、鹿児島県は、

特攻基地として有名な知覧がありますし、

私が住む鹿屋にも基地があったそうです。

知覧の特攻記念館で見た特攻隊員の写真や書を見て、

身が引き締まる思いをしたことを覚えています。

祖父が戦争の話を聞かせてくれていたこともあり、

零戦について、興味が湧きました。

そんな時、本屋さんでたまたま見つけた本が、

こちらの文庫本。

P1010638.JPG

新潮文庫、吉村 昭 著、”零式戦闘機”、昭和53年発行。

機体開発から戦場での悲運を、

設計士、技師、操縦者の奮闘と哀歓とともに綴られた記録文学です。

開発段階からの多難と苦労。

航空技術は世界から20年も遅れていたにも拘らず、

傑出した性能の戦闘機を世に生み出し、

後に伝説となるほどの活躍。

しかし、技術開発と生産能力に勝る諸外国に押され始め、

ついには特攻機として使われるに至り、

次第に凋落の一途へ。

久しぶりに、あっという間に読破してしまった本でした。

この本には零戦のライバル機の名前も出てくるのですが、

どんな形の機体だろう?

と思っていたところに、

後日、同じ本屋さんで今度はこちらの雑誌を発見。

P1010639.JPG

イカロス出版、”Jウイング” 2013年9月号。

表紙に、イチからわかる「零戦入門」、

と書いてあったので手に取ってみたら、

ライバル機たちの写真が載っていたので購入。

P1010640.JPG

”零式戦闘機”を読む際、イメージが湧きやすくなりました。

次に読まなければいけないのが、こちら。

P1010641.JPG

講談社文庫、百田 尚樹 著、”永遠の0(ゼロ)”

たまたま、ゆか先生が以前から持っていたもの。

楽しみです。

あと、鹿屋には海上自衛隊鹿屋航空基地があり、

そこに資料館もあるのですが、

零戦の機体が展示されているようなので、

こちらにも足を運んでみたいと思います。

監督引退会見がワイドショーでも報じられ、

コメンテーターへの、「好きなジブリ作品は?」

との質問に、”となりのトトロ”、”千と千尋の神隠し”、

との回答多数ですが、

私は、なんといっても「天空の城 ラピュタ」ですsmilesign01

語りだしたらきりがないので、

すでに長くなってきましたから、

ここまでにしておきますcoldsweats01

まだまだ新しい作品を見たい。

という気持ちがないといえば嘘になりますが、

これまでの素晴らしい作品、

ありがとうございましたsign01お疲れ様でしたsign01

という気持ちです。

宮崎 駿 監督が作ってきた映画をリアルタイムで

見ることができる世代に生まれて、良かった。

心から、そう思います。

コメントを残す

CAPTCHA