うな福


今年はウナギが不漁とのことで、

絶滅危惧種に指定される可能性があると報道されていました。

そこで、来年はどうなるかわからないと思い、

ウナギを求めて鹿児島市内の「うな福」さんへ。

実はこちら、私の親戚のお店です。

天文館方面から県道3号線(鹿児島街道)を北上、

鹿児島北IC手前の道路左側、

伊敷郵便局のすぐ近くですが、

初見ではなかなか見つけることが難しいかもしれません。

DSC08552a.JPG

伊敷郵便局を過ぎたらウナギの提灯が目印flair

お店を通り過ぎてすぐ左折するとお店の駐車場があるのですが、

ここが鋭角左折なので、

大きな車は切り返ししないと厳しいと思います。

DSC08553.JPG

4人掛けテーブル×1、2人掛けテーブル×1、

座敷に4人掛け座卓×2のこじんまりしたお店です。

DSC08554.JPG

メニューは潔く、うな丼、うな重とお弁当のみ。

DSC08558.JPG

ウナギはもちろん炭火焼catface

炭でウナギの脂が焼ける香ばしい香りは、

空腹時には悩殺bearing

DSC08561.JPG

もしかしたら来年食べられないかもとの思いから、

今回は思い切って、うな重(上)、1,890円sign01

DSC08562.JPG  DSC08563.JPG

サイドのうな肝串の炭火焼と、お豆腐の揚げ物(がんも?)。

揚げ物は奥さんが作られているのですが、

これも絶品shine

DSC08566.JPG

お上品にお重になっていましたが、

うな丼しか見慣れていない身としては、

やはりウナギはご飯の上に乗っているほうが安心しますcoldsweats01。 

ご飯にタレとウナギの脂が滲みて、最高sign01

DSC08567.JPG

うなぎのアップ。この照りflair…。

写真を見直していても生唾が…。

お米も艶々でウナギとの相乗効果up

親戚なので贔屓目に聞こえるかもしれませんが、

こちらのウナギは本当に美味しいですshine

ウナギの焼きあがりを待っている間、

そして頂いている間も、

電話注文での持ち帰りの方が次から次に来店。

でも、やはり焼き立てをお店で頂くのが一番の贅沢catface。 

近くにお寄りの際は、

お勧めですgoodsign01

 

うな福 

鹿児島県鹿児島市伊敷1-8-38

099-229-5929

火曜休み(不定休有のため、電話確認をお勧めします)

11:30~14:00、17:00~20:00

コメントを残す

CAPTCHA