大変ご無沙汰です


大変ご無沙汰しておりました。

7月中頃に約6年もののパソコンの調子が悪くなり、

メールの「送信」をクリックすると、

フリーズして再起動といったような症状が出始め、

メール以外でも同様のことが起こり始めたため、

思い切ってパソコンを新調することにしました。

インターネットで発注し、割とすぐに届きました。

DSC08476a.JPG

この、箱を開ける瞬間が何よりも楽しみsmile

逸る気持ちを抑えつつセッティングして、

起動ボタンをONpunchsign01 

そして表示されたのは、

「Windowsを起動できません」の文字。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんですとgawk

電源のONとOFFを何回か繰り返しても何も変わらず、

結局起動できず。

サポートセンターに連絡し、

対応して頂いたお姉さんvirgomusicの指示通りに操作してみましたが、変化なし。

しばらくのやり取り後の結論が、

virgomusic 「ハードに異常はないかと思われますが、Windowsの再インストールが必要かと思われます。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんですとgawk

つまり、初期不良sign02

「早急にWindowsインストールようのROMを郵送しますので、

到着後にインストールをお願いします。」といわれ、

また数日待たないといけないのかと思いきや、

翌日の朝一で届き、

はやcoldsweats02sign01 やるなぁ…。

と思ったのですが、

いざ、インストールをしたところ、Windowsは起動できるようになったものの、

そのあとに指定された8つのドライバをインストールすると、

やはり症状が再発し、起動できなくなるdown

またサポートに連絡して指示通りにやってみるもダメ。

virgomusic 「ハードの異常もありえますので、ハード等の部品を郵送し、技術の者をそちらに向かわせます。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんですとgawk?またですか?

この時点で、

こんな初期不良のものをいじってるくらいなら新しいものを送りなおしてくれpoutsign01

という気持ちが芽生えるも、グッと我慢paper

翌々日にハードが届き、技術の方も時間通りに来訪。

この技術の方、ある大手健康器具メーカーの名札を下げられていたので聞いたところ、

技術提携していて、このようなトラブルがあると派遣されるのだとか。

約3時間の作業後、

「8つのドライバのうちのあるひとつをインストールするとダメみたいです。

入れなくても作業や動作には影響しませんから入れませんでした。」

とのこと。

はて?それでいいのか?と思いつつ、

パソコンメーカーに異常報告しておくとのことだったのでお任せすることに。

しかし、そのあと数日たっても、パソコンメーカーからの連絡はなし。

さらに、顧客管理ソフトをインストールしようとしたところ、

Cドライブでしか起動できないソフトで、

Cドライブの容量不足で入れられないとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんですとgawk

確かこのパソコン、ハード容量は2TB(2000GB)だったはずだけど?

サポートに連絡したところ、

Cドライブが30GB、Dドライブが2TB。

CドライブにはWindows等がインストールされているので、

残り容量が少ないとのこと。

顧客管理ソフトをDドライブにインストールすると正常に作動しなくなることもあり、

前回の、ひとつのドライバがインストールができなかったことも含め、

再度対応を求めて調べてもらったところ、

このパソコンは動作を早くするために、

ハードとは別にSSDという技術が使われていて、

30GBしかないSSDにWindowsがインストールされていたために今回の不具合が起こった。

SSDには何もインストールするべきではない。とのこと。

Windowsがインストールされた場所がCドライブとなるので、

2TBのハードにWindowsをインストールすればOK。

ここまでの結論に至るのに約2週間、

対応したサポート約6名(男性3名、女性3名)、派遣技術1名。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんじゃそりゃぁangrysign03

最後に対応して頂いた男性のサポートshadowmusicの方に、

やっと的確に対処して頂いたという印象。

8月末くらいに、まともにパソコンが使えるようになりました。

現在は、起動ボタンを押してからWindowsが起動するまで約20秒、

シャットダウンやソフトの起動も早く、

非常に快適に使用できていますcatface

ところが今度はこのブログ作成画面が Internet Explorer 9に対応しておらず、

本文の記載ができずに対処法が分からなかったのですが、

「互換表示」をしなければならなかったようで、

それを知るのにまた時間がかかり、

今のアップとなってしまったのでした。

えー、久しぶりのアップが長々とグチのようになってしまい、

大変失礼致しましたbearing

7・8月でたまったブログネタを解放していきたいと思っておりますので、

今後ともご愛好のほど、宜しくお願い致します。

“大変ご無沙汰です” への2件のフィードバック

  1. kobayashi shozo より:

    私も昔ありました。買ったパソコンが立上がらず、サポートに電話してダメで技術者が来てマザーボードをそう取っ替えして、HD取っ替えて・・・・・時間かけて外装以外はほぼ取っ替えてやっと動く様になったら1か月後に値段が10万ぐらい下がったのを見た時には目眩がしました。どこのサポートも最近親切になって来てるのですが、電話が繋がるまでの時間と手間が持ったいなさすぎますね。

  2. お久しぶりです。さっそくのコメント、ありがとうございます!
    電話での対応は、毎回違う方だったので不安でした。
    対応履歴が残っているようで、
    概ね把握して頂いていたようですが…。
    あと、たまに日本語がお上手な中国の方らしき方も出られて、
    こちらの意図が伝わっているのか不安になるときもありました(汗)。

コメントを残す

CAPTCHA