サイクロン式掃除機


当院で以前から使用していた掃除機の調子が悪くなったので、

サイクロン式の物に買い換えました。

DSC05004.JPG

SHARP の「POWER CYCLONE」、EC-CT11。

Amazonにて11月半ば購入で15,118円(今日見直したら12,780円)。

サイクロン式の掃除機も安くなったものだと感心しました。

さて、サイクロン式の掃除機を使用するのは初めて。

サイクロンという言葉だけでテンションが上がってしまうのは、

仮面ライダーを見ていた世代だからでしょうか

DSC05007.JPG

本体を上から見ると、今までの掃除機とは異なるフォルム。

DSC05008.JPG

吸い込んだゴミが集まる部分の、

ダストカップセットを引き出したところ。

「おぉ~、こんな風になってるんだ~

と、またまたテンション

DSC05010.JPG

右側のダストカップにゴミが溜まるようになっています。

DSC05011.JPG

カバー部分のフィルター。

細かいごみはここでキャッチされるようです。

DSC05013.JPG

ヘッド部分の裏側。

カラフル~と思い良く見ると・・・。

DSC05014.JPG

緑色の方はブラシ状、

赤色の方はスクレイパー(へら)状になっています。

最近の掃除機は細かいところまで良くできているなぁ~と感心

さて、使ってみた感想ですが、

まず良いところは、

やはりサイクロン式最大の利点である、

吸引力の持続。

ヘッドを壁に当てると、常に吸いつく感触があります。

そしてもうひとつ、

一日でどれくらいゴミが取れるのかが分ります。

動物病院で使用すると、

一番多く取れていると思われるのが動物の毛ですが、

「1日でこんなにたまるの

と思うほど取れます。

逆にデメリットですが、

静電気の影響なのか、

動物の毛がダストカップにピッタリ張り付いてしまいます。

そのため、ダストカップセットの掃除が厄介なのですが、

ダストカップセットを外すと掃除機が使えなくなるので、

ダストカップ自体に付着した物を掃除機で掃除出来ません。

なので、動物の毛(特に短い毛)は不得手な掃除機

と思ってしまいました。

サイクロン式の中では低価格なものなので、

概ね満足はしています。

もっと高価なサイクロン式掃除機はどんな性能なんだろう?

ティッシュなどを挟みこんで使用することで、

本体が汚れず、ゴミ捨てがワンタッチなものもあるようです。

とても気になります。

「アメトーク」の家電芸人で、

掃除機だけで語ってもらえないだろうか?

確か、ダイ〇ンの掃除機は、

蛇腹ホース部分が柔らかいのですぐに曲がってしまい、

実はあまり使い勝手が良くないかも?

というのを誰かが言っていたような・・・。

掃除機は吸引力だけではなく、

ゴミの処分方法、取り回しの良さ、本体とヘッドの重さ、

静音性、ホースとコードの長さなども考慮しないといけませんから、

やはり電化製品店で実際に見て、聞いて

触ってみないといけないと思ったのでした。

ネットでの買い物は便利で安価なのですが、

クチコミ情報を見ていてもやはり後で気が付く点が多いですね。

買い物は、いや、何事も五感が大事です。

コメントを残す

CAPTCHA