KIKKOさん旅行記・後編パート1


ここ数日で急に寒くなってきました

皆さま、体調を崩されていませんでしょうか?

最近バタバタしていてアップが遅くなりました。

申し訳ありません

前回からの続きとなります、

KIKKOさんの旅行記、後編(熊本編)です。

今回はKIKKOさんとゆか先生の熊本2人旅

(私は診療があったのでお留守番・・・)

1泊2日でしたので、只今絶賛公開中の某有名ファンタジー映画風

パート1・2に分けてお届けします。

KIKKOさん、行きのは羽田空港発、鹿児島空港着でしたが、

旅の最終日、帰りのは熊本空港発、羽田空港着で予約済み。

なぜ熊本空港発かというと・・・。

「熊本城を見たい」というKIKKOさんの希望から。

お城が好きということは、歴女(歴史好きな女性)

お昼頃に熊本市内に到着する予定で出かけたものの、

30分後に私の携帯にKIKKOさんから連絡が。

 ; 「あの・・・病院の犬舎の上に私のバックないですか?」

言われた場所を見てみると・・・。

 ; 「あ・・・ありますよ。」

それから取りに戻ってきたので、

結構なタイムロス

しかし、宿泊予定の阿蘇から大観望まで行けるか悩んでいたところを、

大観望を諦め、逆にのんびり行こうと割り切れたようでした。

さて、ここからはお留守番だった私が写真を見ながらの旅日記。

なんだかとっても腑に落ちないのですが・・・。

KIKKOさん、訂正・追加解説があればお願い致します

さて、お昼過ぎに熊本へ到着した2人。

腹が減っては何とやらで、まずはこちらへ。

DSC04830a.JPG

熊本ラーメン、「分龍」さん。

因みに、熊本市内で評判が良く、

場所・時間的に旅行日程にお勧めなラーメン屋さんを調べたのも私

いや、嫌なわけではないんです。

どちらかというと、調べてから行かないと嫌なタイプです

DSC04817.JPG

昼の閉店30分前にもかかわらず、満席だったそうです。

そして、以前に使われていた暖簾が飾ってあります。

DSC04827.JPG

陽に当たり、雨風を受け、

多くのお客様がこの暖簾をくぐったてきたことが窺えます。

この暖簾はお店の宝でしょうね。

そして、肝心のラーメンの方は・・・。

DSC04820.JPG

いかにもこってりラーメン

こってり好きにはたまりません

蓮華にのっているのは辛味噌で、

溶かしながら食べることで味に変化を付けられるのだとか。

DSC04821.JPG

ギョーザも美味しそうです。

DSC04818.JPG

そして、テーブルに置いてある、

醤油に漬けたニンニクを潰したもの。

これもラーメンに入れることで違う味を楽しめるそうです。

DSC04822.JPG

辛子高菜も食べ放題で置いてあり、

これだけでご飯一膳いけそうです。

ゆか先生によると、こちらのお店、高評価でした

DSC04835.JPG

腹ごしらえも終わり、目的の熊本城へ到着

DSC04834.JPG

残念ながらお顔は出せませんが、

KIKKOさん、ご満悦な様子

熊本城は別名、銀杏城といい、

千葉城、隈本城を取り込む形で加藤清正が現在の形に改修。

日本三名城のひとつとされています(他は名古屋城・姫路城or大阪城)。

DSC04837.JPG

清正流(せいしょうりゅう)と呼ばれる石垣は、

攻められても敵が登ってこられない形になっています。

DSC04864.JPG

知らないおじさまに、「いい写真撮ってあげる」と声をかけられたらしい

でも、確かにいい感じに人物と熊本城が撮れています。

天守閣への入り口(左側)。かなり立派です。

DSC04865.JPG DSC04872.JPG

ちょっと夕暮れ時になってきた頃の天守閣からの眺め(右側)。

お殿さま気分ですの~

17:30頃まで熊本城を散策し、

この後阿蘇へ移動

遅くにペンションにチェックインしたそうです

パート1はこれにて了

to be continued

“KIKKOさん旅行記・後編パート1” への4件のフィードバック

  1. KIKKO より:

    あっっ・・・
    バッグ忘れたこと、ばらされちゃいましたね??
    かなりのタイムロス、ごめんなさい(><)
    ちなみに、私はいま流行りの「歴女」ではありませんよー。
    歴史のことはさっぱりわかりませーん!!
    自慢ではありませんが、中学までしか歴史の勉強してないです・・・
    なので、ただの「城好き」です(笑)
    お城は建造物として素晴らしいから好きなのです。
    それと同じ理屈で「神社仏閣」も大好きですよ☆
    あの石垣、ガイドさんは「武者返し」と言っていましたよ。
    最後のところが急で、武者が登れないようになっているそうです。
    弥生時代の高床式住居でいうところの「ねずみ返し」みたいなものですかね(笑)
    日本3名城のあと二つ「名古屋城」「大阪城」も加藤清正築で、この石垣があるそうです。
    知らなかったー。
    さらに、当時この石垣の建設方法は超極秘事項にされていたらしく、築城する際の祈祷師さんは「建設方法を漏らす可能性がある」との理由で祈祷したあとに殺害されたんだって・・・
    おぉぉ、こわ。
    追記はこれくらいにしておきます(笑)

  2. 建築好き、神社仏閣好きなのは私も一緒です!
    今まで見た中での一番は日光東照宮です。
    祈祷師の話は知りませんでした・・・。

  3. コム より:

    かんく、そんラーメンは良かねぇ?!!
    でも、調べてから行かないっちゅーか、調べても行けない、
    ぷぷぷ。
    KIKKOさん、いや、十分に歴史好きが伺えますが?(笑)
    てっきり3人でかんくの青春の1ページを、
    こたつで囲われ、鳥かごに閉じ込められた夢をみた部屋を
    見に行こう!ツアーだと思ったら、2人だっただな!(爆)

  4. いや~、確かによかど。
    鹿屋はこってりラーメンのお店がすくねで。
    そうそう。あん時は完全に捕らわれの身で・・・
    って、あれは阿蘇じゃなかど!
    確か鹿児島市内だったよな…。

コメントを残す

CAPTCHA