羽虱


タイトルの漢字、読めましたか?

日常的にはあまり目にしない字ですよね。

先日、去勢手術の依頼があってお預かりしたノラ猫ちゃん。

お尻の毛に白い粒状のものが…。

???????????????????????????????

拡大するとこんな感じ。

???????????????????????????????

私たちは割と良く目にするので、

ああ、持ってきたか…。

と思うのですが、

これは羽虱(ハジラミ)の卵です。

毛に張り付いているので、

簡単には落ちません。

内股の毛をかき分けていくと、

モゾモゾ蠢いているハジラミがいました。

???????????????????????????????

 顕微鏡で見たネコハジラミです。

ホームベース型の頭部が特徴的。

 青矢印は猫の毛です。

ネコハジラミの大きさは1~1.5mm。

卵は産みつけられてから10~20日で孵化し、

2~3週間で成虫となる。

成虫の寿命は2~3週間。

宿主から離れると数日で死ぬそうです。

シラミは種特異性が高い(寄生動物が決まっている)ため、

ネコハジラミは猫にだけ、

イヌシラミ、イヌハジラミは犬にだけ寄生し、

ネコハジラミが人に感染することは基本的にはないようですが、

一緒に寝て人の頭と猫の毛が接触するなどの行為によって

まれに感染することもあるようなので油断はできません。

???????????????????????????????

 対処法としては、フロントラインプラス キャットがハジラミに有効です。

ノミに対しては1~1.5ヶ月間、

マダニに対しては3週間の効果持続と明記されていますが、

シラミについては明記されていませんので、

3週間くらいと思った方が良いかもしれません。

ただし、毛に着いた卵はそのまま残るので、

気になる場合は毛を刈らないといけないことになります。

ハジラミは体表面に寄生しているため、

猫が痒みから口で咬むと、

ハジラミを飲み込んでしまうことがあります。

そうすると、条虫(ジョウチュウ)という、

腸内に寄生する寄生虫が感染してしまう事があります。

外に出る機会のある猫はハジラミに感染していることがあるので、

体表面をよく観察してみて下さい。

条虫についてはまた次回に。

コメントを残す

CAPTCHA