甲状腺からの皮膚病


6月中頃、7歳になる雑種犬(シーズー×チワワ)が、

背中と尾の脱毛を主訴に来院されました。

???????????????????????????????

皮膚には黒い斑が出ているところも。

???????????????????????????????

ご家族のお話によると、痒みの症状が見られないとのこと。

7歳という年齢から、犬においてはシニアであること、

黒い斑が出ていること(色素沈着)から、

甲状腺機能低下症を疑いました。

甲状腺とは喉のあたりにある臓器で、

ホルモン分泌を行っています。

甲状腺ホルモンは、

全身の細胞の基礎代謝の維持や促進に関わっているので、

甲状腺機能低下症によって甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、

活動性の低下(大人しくなる)や、皮膚症状などが見られます。

また、哀しそうな顔になるとも言われます。

この仔のお顔は…。

???????????????????????????????

体毛が伸びているのでイマイチよく分かりませんが、

やはりどちらかというと、どんよりしてる?

犬で甲状腺機能低下症になる原因は、

甲状腺の炎症や萎縮が関係することが多く、

予防することが難しいため、

最近散歩に行きたがらない、寝てばかりいる、

皮膚がおかしくなってきた、

などの症状に気が付かれて来院されるケースがほとんどです。

甲状腺機能低下症であるかは、

血液検査(検査機関に発注)で甲状腺ホルモンの値を測定します。

この仔はやはり甲状腺ホルモンが低かったため、

甲状腺ホルモンのお薬を1日2回の投薬で開始しました。

2週間後の再診では大きな変化はなく、

この日も同じお薬を2週間処方。

2週間後、お薬だけ取りにいらしたのですが、

発毛してきているとのこと。

経過は悪くないようなので1ヶ月分処方したのですが、

9月末に連れていらしたところ…。

???????????????????????????????

一瞬、別の仔かと思っちゃいました。

最初の写真がガックリうな垂れているのに対して、

ばっちりカメラ目線。

この辺りも、活動性が改善されたところかと思います。

???????????????????????????????

脱毛が目立っていた背中と尾も綺麗に毛が生えていました。

しかし、甲状腺ホルモンのお薬は、

完全に切ってしまうと症状が再発する可能性があります。

症状が安定していれば、

通常1日2回飲ませるのを1日1回とか、

1日おきにとか、少しずつ減らせることはできるようです。

甲状腺機能低下症による脱毛や皮膚症状がある場所に

細菌などが2次感染を起こすと痒みがでてくるので、

抗生剤や痒み止めも必要になってきますが、

この仔は1種類のお薬だけで

ここまで綺麗になったのでビックリでした。

???????????????????????????????

良かったね!

“甲状腺からの皮膚病” への2件のフィードバック

  1. kobayashi shozo より:

    わんちゃんも色んな病気が在るんですね。うちのジオは今の所元気です。

コメントを残す

CAPTCHA