果物の女王


くらし快援隊と言うネットショップで、

果物を良く購入しています。

贈答用の秀品や通常の品もあるのですが、

訳あり品を扱われていて、

市場に出回らない商品をお得に購入できるのが魅力。

また、その年の気候などによって、

豊作で余って農家さんが困っている、

といった状況にもなることがあり、

そういった時も微力ながら購入させてもらっています。

5月の頃にそこで見かけた、

タイ産マンゴスチン。

12玉で4,320円だったので、

1玉360円と高額でしたが、

一度は食べてみたいと思い、

思い切って注文してみました。

IMG_0873

小さめのみかんほどの大きさ。

外皮は硬く、匂いもせず、

中の様子は全く判別不明。

IMG_0874

ヘタが付いている方とは反対側を包丁で切り、

そこから外皮を剥いでいくと、

白い果肉が出てきました。

IMG_0875

まるでニンニクのようにも見える果肉。

一房ずつに千切って食べてみると、

上品な甘酸っぱさ。

”果物の女王”と言われる所以が分かりました。

東南アジア、南アジア、中南米の一部といった

熱帯で栽培され、

輸出国としてはタイが有名。

日本では現在のところ、

沖縄でさえ栽培に成功していないそうです。

賞味期限の短い果物なので、

なかなか口にすることは難しいみたいです。

”果物の女王”に相対し、

”果物の王様”として有名なドリアン。

まだ一度もお目にかかったことがありません。

腐った玉ねぎのような強烈な匂いを発するが、

味は絶品でクセになるとか。

どれほどすごい匂いで、

どれほど美味なのか。

臭くて美味しいものを、

美味しいと思えるのか?

一度は体験してみたいです。

 

コメントを残す

CAPTCHA