念願


昨年末のネタですが、

12/18に公開となった、

「スターウォ−ズ ジェダイの覚醒」。

この映画を観ることができる日をどれだけ待ち望んでいたことか。

12月末にアミュプラザのミッテ10で鑑賞してきました。

IMG_3441

もちろん、インターネットで良い席を確保。

3日前から予約ができるのですが、

鑑賞予定日の3日前、

深夜0時に日付が変わった時点から受け付け開始となり、

30分前から待機していたため無事に予約完了。

予約後、他の良い席は次々と予約されていたので、

同じように狙っていた人が多数いたようです。

今回からJ・J・エイブラムス監督に代わりましたが、

「ロスト」や「スタートレック」での映像を見ていたので不安はなし。

席に着き、映画が始まる。

配給会社が20世紀FOXからウォルト・ディズニー・カンパニーに変更のため、

20世紀FOXのファンファーレがない。

ダッダン ダッダン

ダーッ ダラダッダン

タッタララー…の音楽。

やはり聞けなかったか…。

当然のことではあるのだが、

スターウォーズ(以下SW)は20世紀FOXのファンファーレも込みだったのになぁ。

ちょっと残念でした。

ミレニアム・ファルコンやXウイング、

ハン・ソロにチューバッカ、

C-3POにR2-D2、

画面に出てきた時には涙が出そうでした。

いや、涙ぐみました!

10年前に公開された「SW エピソード3  シスの復讐」で、

これでもう新しいSWを観ることは叶わないんだ。

と思っていたので、

新作製作決定の報を聞いた時には耳を疑い、

歓喜しました。

待ちに待ったその映画を今鑑賞している!

至福の時間でした。

映画は、これまでのSWのストーリーと被るところが多く、

目新しいものではありませんでしたが、

長年のファンから初めてSWを観た人まで、

万人受けする内容だったと思います。

ちょいちょいユーモアを交えているところも引き継がれていました。

一番好きだったシーンは、BB-8のグーサイン。

主役の新ヒロインも好印象。

原作を知っている人からすると不評だったようですが、

私は大満足でした。

目新しさがなかったのとシス(敵役)が弱かったことから、

星ひとつマイナスの、星4つでした。

とにかく、新しいSWが始動した!

あと2作見ることができる!

それまでは仕事を頑張って、健康でいなければ!

と、新たな目標を覚醒したのでした。

コメントを残す

CAPTCHA