体感報告


年末から年明け、

そしてあっという間に3か月が過ぎようとしています。

桜が満開となり、

今日、3/28は日中23℃と初夏を思わせるほどの暖かさ。

花粉症の私とゆか先生にとっては、

2月から憂鬱な時期が続いております。

さて、年末から年始にかけて大事なイベントがあり、

ご報告を怠っておりました。

そう…。

遠い昔、遥か彼方の銀河での物語…。

IMG_2091

STAR WARS 最後のジェダイ!

時期外れで大変恐縮ですが、

語らずにはいられませんのでお付き合い下さい。

日本での公開は昨年12月。

12月末に2D字幕で、

年が明けて2月に4DX吹き替えで鑑賞しました。

以前は、フェリーを利用して移動し、

アミュプラザのミッテ10、与次郎のTOHOシネマズ、

天文館シネマパラダイスの3か所に行っていましたが、

姶良のイオンにシネマサンシャイン姶良ができてからは、

高速道路で40分で行けるようになったので、

最近はシネマサンシャイン姶良をよく利用しています。

劇場数は多いし、フードコートや飲食店も充実。

そして何より、

IMG_2093

4DXを楽しめるのが素晴らしい!

ここができる前は、

新幹線に乗って福岡まで4DXを鑑賞に行ったことがあるので、

県内で鑑賞できるようになったのは助かります。

ちなみに、4DXとは、

映画の画像に合わせて座席が揺れたり、

劇場内に風が吹く、煙が出る、水が吹き付けられるなど、

体感アトラクションのように映画を楽しめるもの。

IMG_2095

そのため、

熱い飲み物やブランケットの持ち込み禁止等の制限があります。

IMG_2092

身長制限もありますが、

こちらは余裕でクリア。

さて、感想ですが、

ついにルークが返ってきました!

しかし、前作の若かりし頃の面影は何処へやら、

ジェダイの年配者にありがちな偏屈爺さんになっておりました。

しかし、ルークとレイアが邂逅したシーンは鳥肌ものでした。

この2ショットがまた見られるとは。

しかもレイア役のキャリー・フィッシャーさんは

昨年12月に急逝されているので、

もう2度と見られないと思うと感涙でした。

序盤の宇宙戦、中盤にライトセイバー戦、終盤に地上戦と、

見たかったものを網羅してくれたのは嬉しかったのですが、

 シリーズお馴染みの、

ハンソロとチューイ、

C3-POとR2-D2の軽妙な掛け合いのようなものが少なく、

全体的に、暗い、重い印象を受けたのがちょっと残念。

2回目に見た時に確認したかったのが、

終盤のルークとレンのライトセイバー戦でのルークの足跡。

やっぱり!

1回目では気がつかなかったことが確認できました。

そして一番ラストの男の子。

え!?君もですか!?

詳細は伏せますが、2回目で新たな気付きがいくつかありました。

4DXはミレニアム・ファルコン号が飛び回るシーンなどで効果抜群。

子供の頃にディズニーランドで乗ったアトラクション、

「スター・ツアーズ」を思い出しました。

ついに、2019年公開予定、次のエピソード9で最後。

うーん。寂しい。

しかし、昨年公開された「ローグ・ワン」や、

今年6月29日公開予定の「ハン・ソロ」など 、

スピンオフも出てくれているので、

ファンとしてはまだまだ期待してしまいます。

昨年末に羽田空港で降機した直後に見かけた、

全日空のSTAR WARS特別塗装機。

IMG_2074

手前がC3-PO塗装タイプ、奥にBB-8塗装タイプが通りかかり、

見事に2ショット!

IMG_1769

BB-8塗装タイプの機体反対側は、R2-D2でした。

つい先日、3/22に母校である麻布大学で開催された勉強会を終え、

翌3/23に羽田から鹿児島に帰ってくるときに、

この機体に当たりました!

知らなかったのでビックリするやら嬉しいやら。

機体に搭乗するときには、前方ドアのところで、

ヨーダの実物大ぬいぐるみを持ったCAさんがお出迎え。

両手に荷物を持っていたので写真を撮れなかったのが残念!

IMG_2307

座席のヘッドレストには特別仕様カバーが付いていました。

機内に流れている音楽もSTAR WARSのテーマ曲。

映画の公開が終わっているので、

この特別機プロジェクトはもう終了していたかと思っていたので、

搭乗できて嬉しかったです。

と、長々とお付き合い頂き、ありがとうございます。

今年の6月、来年末にもご報告を予定しておりますので、

 今後ともお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

コメントを残す

CAPTCHA