リニューアル


2017年5月15日、

鹿児島県内での二次診療施設筆頭の

鹿児島大学動物病院がリニューアルオープンしました。

IMG_0865

3階建てのかなり広い建物で、

1階は、受け付け、10部屋もある用途別の診察室と、

処置室、検査室、エコー室、眼科検査室、歯科処置室など。

2階は、5部屋の手術室、手術器具準備室、ICU室、

カンファレンスルーム、宿直室など。

3階は、犬舎・猫舎、スタッフルーム、ドッグランなど。

リニューアルと同時に24時間体制となり、

夜間救急も対応されているとのことです。

完全予約制のため、

受診希望をされる際にはまず電話をし、

状態・状況を説明、

対応獣医師が受診が必要かを判断し、

受診必要と判断された場合は来院して受診、

という流れになるそうです。

夜間救急で受診できる動物病院があるのは心強いですが、

夜間対応料金が発生するために費用がかかりますので、

いつでも受診できるから便利、とは思わずに、

あくまでも救急対応のみと考えておいたほうが良いです。

ただし、月曜日から金曜日まで、

当直の獣医師1名と看護師数名での対応なので、

外科手術を行うのは難しいとのことでした。

夜間受診の際には通常の出入り口とは異なる、

鹿児島大学の敷地北側にある

夜間救急専用のゲートから出入りする必要がありますので、

間違えないよう注意が必要です。

鹿児島大学の動物病院に訪れる機会があるので、

何回か学食を利用したことがあります。

 IMG_0771

動物病院から学食へ向かう道。

北辰通りという道で、

ワシントンヤシが南国らしさを醸し出しています。

しかし、このヤシの根元辺りには、

幹の外皮?葉の根元?が剥がれたと思われる、

大きくて硬そうなものが落ちていることがあるので、

人や車に当たったりしないかと心配になります。

特に台風の後はあちらこちらで見かけます。

子供の頃からこの通りを外から見たことがあり、

鹿児島県内最高学府への憧れを持っていましたが、

私の学生時代の成績ではとてもとても。

夢のような場所でした。

しかし、違う形ながらも、

こうして内側からこの並木を見ることができて、

ちょっと夢が叶ったような気になります。

IMG_0752

鹿児島大学の中央に位置する中央食堂。

いろいろなメニューが揃っていて、

期間限定メニューもあるようです。

今まで食べたものがこちら。

IMG_0753 

塩ダレ豚丼、豚汁、きんぴらごぼう。

まずメインのお皿を選び、

そのあとに置いてある副菜を選べます。

副菜も数種類ありバランスよく食べられるのと、

この時は学生に戻ったような感覚になれるので楽しいです。

IMG_0773

別の日は、

ハヤシライス、豚汁、ほうれん草のおひたし。

IMG_2321

急いでいた時にカレーとお茶だけ。

レギュラーカレーM 226円、お茶が118円。

安さにビックリします。

IMG_2322a

夜も営業していて、

なかなかの盛況ぶり。

外食するより安く済みますから、

学生さんにはかなり助かるのではないでしょうか。

そして、味もいいです。

私が通った大学は、夜は営業していなかったような…。

鹿屋も高速道路が繋がり、

鹿児島市内へ向かうに当たって、

これまで通りのフェリーを利用するか、

高速道路を利用するかを選べることができるようになったのは

かなり助かります。

フェリーだと狙っていた乗船時間に間に合わなかった、

たまに行われるドックダイヤで運行時間が変更されていた、

いっぱいで乗れなかったとなるとまた30分待ちになりますが、

高速道路は移動時間をある程度予測できるのでやはり便利です。

ネットで検索してみると、

当院から鹿児島大学までの陸路所要時間は約1時間48分。

普通車で片道1,850円。

ちなみに宮崎大学までは約1時間46分。 

普通車で片道950円。

垂水フェリーの乗船時間に合わせて当院から出発すると、

鹿児島大学まで約1時間30分。

普通車で乗船料片道、4m未満1,580円、5m未満2,000円(運転者1名分込み)。

私はフェリーの回数券を購入しているので、

フェリー率が高いです。

4m未満車両6回分の回数券が8,500円なので、

1回の乗船分が約1,417円。

フェリー乗船時間の約40分で本を読んだり、仮眠したり。

時間がなくて朝食が食べられなかった時は、

フェリー名物の南海うどんさんへ。

お気に入りのうどんアレンジは、

肉うどんに温泉卵、七味を多め。

あれ?

鹿児島大学動物病院リニューアルから逸れてしまいました。

向かわれる際にはくれぐれも運転にお気をつけ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA