ギョギョギョ!


9/2 (日)、午前中の診療を終え、

まずはお昼ご飯、と思っていたら、

ゆか先生から、

「いおワールド かごしま水族館で、

さかなクンのトークショーがあるんだけど、行かない?」

という提案から、

間に合うかわからないけど、行くか!

となり、急いで準備して13:10に出発。

途中コンビニエンスストアに寄り、

おにぎりとお茶を購入して車内でお昼ご飯。

桜島フェリーで薩摩半島に渡り、14:25に下船。

さかなクンのトークショーは13時と15時の1日2回。

15時の回まであと35分!

下船後、信号待ちの間に家族は下車して水族館へダッシュ!

私は第一駐車場へ向かうも駐車待ち渋滞。

列に並んで待っている間、

ゆか先生から、なんとか席に座れたとの連絡。

家族がトークショーを見られたらOKと思っていたら、

運良く14:55頃に駐車ができ、

急ぎ足で入館して会場のイルカプールへ。

満席状態で立ち見のお客様もいて混雑する中、

なんとか立ち見でスクリーンが見える場所を確保。

IMG_3415    

ちょうど15時になり、

トークショーが始まりました。

さかなクン登場に会場のみんなから拍手喝采。

この位置からは本人が直視できないながらも、

TVのままのテンションのさかなクン(の声とスクリーン画像)。

トークショーの内容は、

錦江湾の魚を解説するというもの。

IMG_3416

ホワイトボードに貼られた白紙にさかなクンが絵を描き、

それが何の魚か当て、

正解すればその絵を貰えるということで、

さかなクンが描き始めると、

すぐに、「ハーイ!」「はいはい!」「はーい!」と、

子供達が一斉に挙手。

よく見ると、さかなクンと同じハコフグ帽子を被っている子が多数!

真鯛、太刀魚、カサゴ(アラカブ)、ジンベイザメの4種類を、

解説しながら特徴を捉えてあっという間に書き上げるのはお見事でした。

トークショーの最中は撮影禁止でしたが、

終了後に撮影タイムあり。

IMG_3421

この時にさかなクンからアナウンスがあり、

最近、ジンベイザメがもう一匹捕獲され、

今日の16時に大水槽内に入れられるとのこと!

その情報は知らなかった!

トークショー終了後に大水槽の前に移動して待っていたのですが、

子供が、次のところに行く!

と言って聞かないので、仕方なく移動。

他の展示を見て回り、

再度大水槽に戻ってきたところ、

新しいジンベイザメ(メス)が水槽内で泳いでいました!

IMG_3428

上が8代目ユウユウ(オス)、下が新しく入ったメス。

水槽に慣れるまではダイバーが付き添い、

壁面にぶつからないように誘導するのだそうです。

2匹目初お目見えの日とは知らずに来館したのでラッキー!

と思って水槽を見ていたら、

IMG_3430

なんと、いつの間にかさかなクンが横にいる!

(画面中央、白衣の右手で水槽を指しています)

周りのみんなもビックリして、

「わぁ!」となったので、

残念ながらさかなクンが話している内容が聞き取れず。

さかなクンをガードするスタッフの方3名くらいが、

あっという間にスタッフルームに連れて行ってしまいました。

そうしなければ、

ずっとしゃべり続けてしまうのでしょうね(笑)。

トークショーの時のさかなクン情報によると、

いおワールドで飼育するジンベイザメは、

5m50cm(ぎょメートルぎょじゅっセンチ)までとされているので、

今年の6月末から飼育されていたオスの8代目ユウユウは、

来年頃には海に還されるのだとか。

2匹のジンベイザメを同時に見ることができるのは数ヶ月のようです。

急展開な日曜日の午後でしたが、

さかなクンのトークショーに間に合い、

ジンベイザメ2匹同時遊泳が見られ、

気がついたらすぐ横にさかなクン!

貴重な体験ができました。

長女に、「今日は何が楽しかった?」と聞いたら、

「タッチプールでヒトデを触ったこと。」

……それっ!?

4歳児には、まださかなクンの話は早かったようでした。

 

9/7追記

昨日夕方のニュースで、

8代目ユウユウが海に還されたとのことでした。

2匹同時に見ることができたのは5日間ほどと、

思ったより短かった!

後で入れられたメスのジンベイザメは、

本当はもっと慣らしてから水槽に入られる予定だったのが、

台風21号の接近に伴い、

予定を早めて水槽に投入がすることが決まったのだとか。

ジンベイザメ2匹同時はやはり貴重なタイミングでした。

コメントを残す

CAPTCHA